<h2>つみたてNISAの注意すべきデメリット3つを解説。100円の投資で年間1万円以上儲かるための裏技とは?</h2>

つみたてNISAの特徴を解説

つみたてNISAを理解する3つのポイント

① つみたてNISAのデメリットは主に5つ
「投資信託のみ対応」「損をする可能性がある」「損益通算不可」「年間40万円まで」「一般NISAと併用不可」
② 複利運用が可能なので、20年後には資金が倍増していることも
③ SBI証券はつみたてNISAでTポイントが貯まる

つみたてNISAとは、2018年からスタートした長期で投資信託を積立、資産形成をする方を支援する非課税制度です。

つみたてNISA概要
利用できる方 日本在住の20歳以上の方
投資対象 一定の投資信託
口座開設数 1人1口座 一般NISAと併用不可
非課税投資枠 新規投資金額毎年40万円上限 (合計800万円)
非課税期間 最長20年間
投資可能期間 2018年~2037年
人気ネット証券2社のつみたてNISA比較
楽天証券
つみたてNISA取扱銘柄数
(2020年2月)
163銘柄
152銘柄
152銘柄
つみたてNISA購入時ポイント還元

0%

0%

1%
投信保有時ポイント還元
(年)

0.1%

0.1%

0.048%
つみたてNISA枠使い切り機能
積立制度

毎日・毎週・毎月

毎月

毎日・毎月

つみたてNISAの特徴

分配金と売却益が非課税

つみたてNISAで投資した金融商品にかかる分配金や売却益は非課税となります。分配金を非課税で受け取るためには、分配金を証券口座で受け取る「株式数比例配分方式」に事前設定しておく必要があるため注意しましょう。

投資先が選定されているから初心者でも安心!

金融庁の指定する長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託が対象です。

投資対象は、買付手数料が無料で保有期間中にかかる信託報酬が低いもの、かつ期限がないもの(もしくは20年以上)を選定しています。さらに、用分配頻度が高く運効率が悪いものを外し、デリバティブ取引を行なっていないものを厳選しているので、投資について詳しくない方でも、安心して投資できる投資信託のみ買付することができます。

長期で続けやすい!

株式は単元株制度があり10万円~30万円程度のまとまった金額で買付する必要がありますが、投資信託の積立は、100円から始められるので少額から始めたい方に最適です。

また、少額からできるため、通常の貯金もしながら無理なく続けることが可能です。

資金の払出が自由

ジュニアNISAはこどもが18歳(高校3年生の12月31日)まで、iDeCoは60歳まで引き出すことができませんが、つみたてNISAは資金をいつでも引き出すことが可能です。

つみたてNISA 一般NISA ジュニアNISA iDeCo
資金の引き出しの制限 なし なし 18歳まで不可 60歳まで不可

つみたてNISAのデメリットとは?

株式投資信託と一部ETF以外の金融商品(株式など)は対象外

一般NISAで対象となる株式やETFは対象外となり、金融庁の指定する株式投資信託と一部ETFのみが対象となります。株式や毎月分配型投資信託、ETFや海外ETF、REITに投資したい場合は一般NISAを選択しましょう。

一般NISA、つみたてNISAともに債券や債券のみで運用されている公社債投資信託には投資できません。

つみたてNISA 一般NISA
対応商品 投資信託
ETF(ごく少数)
株式
投資信託
ETF
REIT

元本割れの可能性がある

金融庁指定の厳選された投資信託ではありますが、株式で運用されているなら株価変動リスク、海外債券や海外株式で運用されているなら価格変動リスク為替リスクがあるため、元本保証ではありません。

損益通算ができない

損益通算とは、売却したときに損が出た場合他の売却利益と相殺して税金負担を減らすことです。しかし、つみたてNISAでの投資信託の売却は利益も損も出なかったと税制上扱われるため相殺することはできません。

しかし、投資信託の分配金・売却益は分離課税で他の種類の所得と相殺することができないため、損益通算ができないデメリットを受けるのは課税口座で株式や投資信託などで利益が出ている方のみ該当します。投資はつみたてNISAのみの場合は該当しません。

年間上限額は40万円

年間投資金額が40万円を超える場合は、非課税期間は5年となりますが一般NISAが最適でしょう。

つみたてNISA 一般NISA
年間非課税枠 40万円 120万円
非課税期間 最長20年 最長5年

一般NISAと併用できない

20歳以上で利用できる非課税制度として「一般NISA」と「つみたてNISA」がありますが、どちらか1つを選択しなければなりません。 翌年に変更することもできます。

金融機関の変更は1年に1回

年に何回も変更できるわけではないため、金融機関の選定は慎重に行いましょう。投資に慣れてくると商品ラインナップに不満を感じて金融機関変更をするパターンが多くなっています。最初から投信銘柄数が豊富な証券会社を選択するのが良いでしょう。

つみたてNISAに向いているタイプの人とは?

つみたてNISAは少額で長期的にコツコツ貯めたい方に最適です。つみたてNISAでの投信積立は、1度設定すれば銀行口座から自動引き落とし自動買付してくれるため、煩雑な取引はありません。

また、将来に必要な資金を早いうちに貯めるためにも最適です。「住宅資金」「教育資金」「老後資金」のように大きな金額を必要とする資金のために、早くからコツコツ貯めていきましょう。

例えば、教育資金として1,000万円用意しておきたい場合、利回りが5%のとき毎月24,000円を20年間積立すると目標金額を達成することができます。

積立投資では「ドルコスト平均法」を活用すべし!

楽天証券の投信積立では、毎月投資信託を自動買付することができます。

投資信託を一度にまとめて買付するのではなく、積立で買付することにより「ドルコスト平均法」による効果で買付単価を下げることができます。

ドルコスト平均法は、同じ金額を一定期間買い付けることにより、価格が高い時は少ない口数価格が安い時は多くの口数を買付することができます。


買付のタイミングは時期が分散されるほど良いため、毎月または毎日買付した方が買付時期を分散させて買付単価を下げることができます。

つみたてNISAにおすすめの証券会社5社比較

つみたてNISA 銘柄数
(2020年2月)
最低積立金額 積立頻度
163銘柄 100円 毎日・毎週・毎月
楽天証券
152本 100円 毎日・毎月
152本 100円 毎月
145本 100円 毎月

カブドットコム証券
147本 100円 毎月

大和証券
15本 1,000円 毎月・隔月・3ヶ月毎・4ヶ月毎・半年毎
ゆうちょ銀行 8本 1,000円 毎月
イオン銀行 20本 1,000円 毎月
三菱UFJ銀行 12本 1,000円 毎月

つみたてNISAを行なうにあたって、つみたてNISA対象銘柄数、100円と少額から積立できること、積立頻度を毎日にできる点から、おすすめの証券会社はSBI証券楽天証券です。


SBI証券

SBI証券の特徴

① 投資信託の保有で「Tポイント」が貯まる
② つみたてNISA対応の投資信託取扱数がトップクラス
100円から、毎日、毎月自動で積み立てができる

投資信託の保有でTポイントが貯まる

SBI証券で預かりの月間保有平均残高に応じて0.1%(1,000万円以上の保有で0.2%)のTポイントが貯まります。

投資信託の積立頻度を自由に選択できる

SBI証券の投信積立の買付タイミングは、毎日・毎週・毎月・複数日・隔月の5種類から選ぶことができます。ただし、つみたてNISA口座での投信積立購入時には複数日と隔月の2つは選ぶことができません。

便利な機能「NISA枠ぎりぎり注文」

つみたてNISAの非課税枠をぎりぎりまで活用したいと考える方におすすめなのが「NISA枠ぎりぎり注文」です。

通常の場合NISA枠を超える投信積立注文は注文自体が不可となり、12月のつみたて枠での積立がキャンセルになってしまうことがあります。

例えば、つみたてNISA枠残り1万円・月額積立金額3万5,000円の場合、投信積立注文自体注文不可となります。そこで、NISA枠ぎりぎり注文ならつみたてNISA残り残額分のみ購入することができるんです。

楽天証券
つみたてNISA枠使い切り機能

つみたてNISAの新規購入枠は繰越できないので、このNISAぎりぎり注文を活用して非課税制度を活用しましょう。

複数銘柄の積立に便利な「カートつみたて」


つみたてNISA枠の利用率が一目でわかる円グラフに、つみたてNISAの積立状況を複数銘柄一目で見ることができます。少額で分散して毎月積立をしている場合は、投資状況が一目瞭然でわかる便利な画面となっています。

-
楽天証券
つみたてNISA投資信託取扱数
(2019年8月)
163銘柄 152銘柄 152銘柄
投信購入時ポイント還元 0% 0% 1%
投信保有時ポイント還元
(年)
0.1%0.1% 0.048%
こんな人におすすめ! ・Tポイントを貯めたい
・Tポイントで投資をしたい
・ポイントで投資信託を積立したい
・Amazonギフト券と交換したい
・楽天ポイントを貯めたい
・楽天ポイントで投資をしたい
・楽天カードで投資信託が買える

楽天市場の利用頻度が高く、楽天ポイントを街で貯めたり使用している場合は、ポイントを有効活用できる楽天証券のつみたてNISAがおすすめです。

一方、NISA枠ぎりぎり注文や自由に積立頻度を設定できるなど機能性を重視するのであればSBI証券がおすすめです。金融機関変更する手続きは煩雑なため、自分に適した証券口座を選択しましょう。

口座開設数最多の大人気ネット証券会社

SBI証券
SBI証券

口座開設数最多の大人気ネット証券会社。
人気のIPOを約86社と多数取り扱っているところも◎また夜間取引が可能という点も初心者から上級者まで幅広い方に支持される理由のひとつ!

さらに、独自のサービスとして 銘柄条件検索機能は初心者には助かる機能です。まさに死角のない証券口座です!

積立可能な
投資信託の本数

2,530本

ノーロード本数
(手数料無料投信)

1,335本

つみたてNISA
取扱商品数

150本

最低積立金額

100円~

ポイント投資

×

スマホで取引

ジュニアNISA

現物取引手数料
(株取引手数料)

0円~

IPO件数
(2018年)

86件

特徴

豊富な取扱本数とIPO件数

目的別で選ぶ