つみたてNISAのやり方を解説。100円から積立可能なNISA対応の証券会社3選

NISA口座ってなに?

新しく投資を始めようとしている方の中には「株式売買ができる証券会社の口座」をすぐに作ってしまう方も多いかとは思いますが、実は売買して出た利益には、20.315%の税金がかかります。

そこでオススメなのが「NISA(ニーサ)」(少額投資非課税制度)です!

NISAは年間120万円までの投資にかかる利益の税金を0円としたもので、初心者はもちろん、投資家にとって使わなければ損と言えるぐらいの有利な制度であり、口座でもあります。

つみたてNISAとNISAの違い

つみたてNISA 一般NISA
対象者 20歳以上の方 20歳以上の方
利用限度額 40万円/年 120万円/年
対象商品 国が定めた基準を満たした投資信託 日本株・外国株・投資信託・ETF等
非課税期間 投資開始から最大20年間 投資開始から最大5年間
投資可能期間 2018年~2042年 2014年~2023年
※ 新NISA 2024年~
運用管理者 本人 本人
払出制限 なし なし
金融機関の変更 年単位で変更可能 年単位で変更可能
非課税にできる最大額 800万円(= 年40万 × 20年) 600万円(= 年120万 × 5年)

※楽天証券より

つみたてNISAに向いているタイプの人とは?

つみたてNISAは少額で長期的にコツコツ貯めたい方に最適です。つみたてNISAでの投信積立は、1度設定すれば銀行口座から自動引き落とし自動買付してくれるため、煩雑な取引はありません。

また、将来に必要な資金を早いうちに貯めるためにも最適です。「住宅資金」「教育資金」「老後資金」のように大きな金額を必要とする資金のために、早くからコツコツ貯めていきましょう。

初心者の7割が選ぶつみたてNISA口座3選


積立NISA
対応商品数
手数料無料の
投資信託本数
最低積立金額
積立頻度
NISAでの
IPO対応
ジュニアNISA
ジュニアNISA
で外国株式取引
ポイント投資
 



182本 185本 178本
2,640本 2,676本 1,584本
100円~ 100円~ 100円~
毎日,毎週,毎月 毎日,毎週,毎月 毎月

配当金は課税対象

楽天ポイント
利用可能

Tポイント
利用可能

楽天証券の特徴

積立NISA対応本数がトップクラス!
楽天会員なら口座開設手続きが約5分で完了
楽天カードで楽天ポイントがお得に貯まる!
1つのスマホアプリで国内株・外国株が取引できる
楽天銀行との連携「マネーブリッジ」で、普通預金金利5倍
楽天市場のポイント還元率アップ

SBI証券の特徴

積立NISA対応本数が最多の185本
三井住友カード決済でVポイントが最大5%貯まる
Tポイントが貯まる&使える!
ジュニアNISA口座で外国株式が購入可能なのはSBI証券だけ!
1株単位の取引に対応
今ならNISA口座開設&クイズに正解でもれなく2,000円もらえる!

つみたてNISAは1月に始めるとお得!

つみたてNISAは、1年中どのタイミングでも始めることが可能ですが、実は1月は、つみたてNISAを始めるにはぴったりな時期です。

つみたてNISA 1月スタートがよい理由3選

① 毎月の積立金額の設定が簡単
1年間ほったらかしにしても非課税枠をフル活用できる
③ 年末に1年間の運用成果を確認しやすい

①毎月の積立金額の設定が簡単

つみたてNISAの投資限度額は、1年間40万円までです。

そのため、1カ月の投資金額は、3万3333円(40万円÷12カ月)となります。

自分で毎月の投資金額を決める場合、1月スタートにすれば、毎月3万3333円の自動買付に設定すればいいので、積立金額の設定が簡単です。


一方、年の途中でつみたてNISAを始めると、40万円の非課税枠を使い切るために、月によって投資金額を変更する必要があるため、手続きが複雑になります。

②1年間ほったらかしにしても非課税枠をフル活用できる

年の途中でつみたてNISAを始めた場合、毎月上限の3万3333円を投資したとしても、非課税枠40万円を使い切ることができません


「ボーナス設定」などと呼ばれる手続き等を行って、月によって投資額を変更したり、投資タイミングを増やしたりする必要があります。

③年末に1年間の運用成果を確認しやすい

年末年始は1年の区切りとして分かりやすく、1年間のマネープランを見直すのに絶好のチャンスです。資産運用でも、1年間の区切りを年末にそろえてしまうのがおすすめです。


つみたてNISAを1月スタートをすれば、毎年年末に1年間の運用成果を確認することになり、忘れずにチェックする習慣ができるでしょう。

【銀行とつみたてNISA】20年間積立したときの利益は?

銀行の定期預金つみたてNISAの運用期間、20年間で月々「1万円~3万円」を投資した場合の20年後の利益を比較したいと思います。

シミュレーションの条件

① 20年間毎月積み立てを行う
② 毎月一定額で積立

■銀行の定期預金(毎月3万円の預入額の場合

月々の預入額(3万円の場合) 合計投資額 20年後の評価額 運用益
三菱UFJ銀行
720万円 7,200,717円
→年利0.001%
717円
三井住友銀行
720万円 7,201,434円
→年利0.002%
1,434円
みずほ銀行
720万円 7,200,717円
→年利0.001%
717円

■つみたてNISAの積立シミュレーション(毎月3万円、年利5%の場合


月々の積立額 合計投資額 20年後の評価額 発生した利益
3万円
720万円 約1,233万円 約513万円
2万円
480万円 約822万円 約342万円
1万円
240万円 約411万円 約171万円

3大メガバンクは年率が低く、運用益が20年間で1,000円前後しか得られません。それに対して、つみたてNISAは投資した額の約2倍の利益を得ることができるため、初心者から見てもかなりお得なことが分かります。

投資は長期運用するほど大きな利益を得ることができます。ぜひ、可能な限り長期運用をしましょう。

3ステップで完了。NISA口座の開設方法


ステップ① 証券会社を選ぶ

NISA口座は税金がかからず賢く資産運用を行うことができると分かりました。まずは開設する証券口座を選びましょう。

特にこだわりがない方には、手数料を抑えて運用することができる「SBI証券」がおすすめです。

口座開設
維持手数料
つみたてNISA
投資信託取扱数
使えるポイント 使えるクレカ 投資信託保有の
還元率
最低投資金額
無料 182銘柄 楽天ポイント 楽天カード
(最大1%還元)
0.04%
(10万円ごとに4ポイント)
100円~
無料 185銘柄 Tポイント 三井住友カード
(最大2%還元)
0.1% 100円~
無料 172銘柄 松井証券ポイント MATSUI SECURITIES CARD
(0.5%還元)
最大0.7%
(10万円ごとに4ポイント)
100円~

楽天証券がおすすめな人


楽天ポイントを貯めている方(ポイントで投資可能)
楽天カードを持っている方(カードで積立可能)
楽天会員の方(スムーズに口座開設可能)
少額で始めたい方(100円から可能)
楽天銀行で預金をしたい方(金利が0.1%になる)

楽天市場や楽天カードなど、普段から楽天のサービスを利用している方には「楽天証券」をおすすめします。


SBI証券がおすすめな理由


Tポイントを貯めている方(ポイントで投資可能)
三井住友カードを持っている方(カードで積立可能)
③ とにかく手数料を抑えて運用をしたい方
少額で始めたい方(100円から可能)
20歳未満の方。もしくは子どもの資産形成を行いたい親。

口座に特にこだわりが無い方には手数料が低い「SBI証券」をおすすめします。

さらに今なら、NISA口座開設&クイズに正解でもれなく2,000円がもらえるキャンペーンを実施中です。


ステップ② 申込み情報入力

開設する口座を選んだら、早速申し込みを行いましょう。

ここでは楽天証券の口座開設方法を解説します。

以下のボタンから楽天証券の公式サイトへ行きましょう。

まずは申込情報の入力を行います。
口座開設方法は、ネットで口座開設が完了する
「ネットで口座開設」がおすすめです。

ステップ③ 必要書類の提出

申し込みが完了したら、最後に本人確認書類を提出しましょう。

書類の提出は、オンラインまたは郵送で可能です。

今書類を用意できない方も、後日提出でOKなので、まずは口座開設を先に済ませてしまいましょう。

必要書類(書類が手元にあり、スマートフォンで提出する方)

上記のかんたん3ステップで口座開設ができるので、ぜひ楽天証券でNISAを始めてみましょう。

口座開設数最多の大人気ネット証券会社

NISA口座開設数 約309万口座
投資信託取扱い数 2,672本
つみたてNISA取扱い商品数182本
ジュニアNISAで外国株取引 ×
最低積立金額 100円
NISAでのポイント投資
つみたてスタイル
毎月、毎週、毎日から選択可能
※2023年1月時点
手数料(取引ごと)
10万円まで 20万円まで 30万円まで 50万円まで 100万円まで
99円 115円 270円 270円 535円
楽天証券を選ぶ理由
  • バランス重視で使いやすさ◎楽天グループのネット証券会社
  • 投資で楽天ポイントが貯まる・使える!
  • 楽天銀行・楽天カードと連携でお得に!
  • 初心者向けのオンラインセミナーなど顧客サポートも充実

NISA口座開設数 180万口座
投資信託取扱い数 2,691本
つみたてNISA取扱い商品数185本
ジュニアNISAで外国株取引
最低積立金額 100円
NISAでのポイント投資
つみたてスタイル
毎月、毎週、毎日から選択可能
手数料(取引ごと)
10万円まで 20万円まで 30万円まで 50万円まで 100万円まで
99円 115円 275円 275円 535円
※税込
SBI証券を選ぶ理由
  • 非常に安い手数料と投資商品の豊富さ
  • 銘柄条件検索機能もあり
  • これから株式投資を覚えていきたい方におすすめ
  • つみたてnisa本数はネット証券最多の183本


今だけお得なキャンペーン実施中

現在SBI証券では、NISA口座開設&クイズに正解でもれなく2,000円もらえるキャンペーンを実施中です。