つみたてNISAのやり方を解説。100円から積立可能なNISA対応の証券会社3選

NISA口座ってなに?

初心者がすぐに投資家デビューできるとっておきの口座… それがNISA!

新しく投資を始めようと知識をあまり持たずに「株式売買ができる証券会社の口座」をすぐに作ってしまう方も多いかとは思いますが、実は売買して出た利益には、20.315%の税金がかかります。

日本では「金融商品をもっと活発にしよう」という計らいで、度々この税金を優遇した対策が持たれてきましたが、投資家の数は思ったように伸びません。

そこで登場したのが「NISA(ニーサ)」(少額投資非課税制度)です!

NISAは年間120万円までの投資にかかる利益の税金を0円としたもので、初心者はもちろん、投資家にとって使わなければ損と言えるぐらいの有利な制度であり、口座でもあります。

NISA口座を使った人と使わなかった人の違い


※SBI証券より

NISA口座を使わない一般・特定口座の場合

運用益10万円
計100,000円の利益を出したときはここにそれぞれ20%の税金がかけられ、20,000円の税金を納めます。

つまり利益のトータルは「80,000円

NISA口座を使った場合

運用益10万円
税金0%

つまり利益のトータルは「100,000円

NISA口座を利用すると税金がかかりませんので、ダイレクトに利益を手にすることができる! …それがNISAなのです。


NISA口座 一般・特定口座
利益 100,000円 100,000円
税金 0円 20,000円
税引き後の利益 100,000円 80,000円
つみたてNISAとNISAの違い

つみたてNISA 一般NISA
対象者 20歳以上の方 20歳以上の方
利用限度額 40万円/年 120万円/年
対象商品 国が定めた基準を満たした投資信託 日本株・外国株・投資信託・ETF等
非課税期間 投資開始から最大20年間 投資開始から最大5年間
投資可能期間 2018年~2042年 2014年~2023年
※ 新NISA 2024年~
運用管理者 本人 本人
払出制限 なし なし
金融機関の変更 年単位で変更可能 年単位で変更可能
非課税にできる最大額 800万円(= 年40万 × 20年) 600万円(= 年120万 × 5年)

※楽天証券より

【2022年最新版】初心者の7割が選ぶ
つみたてNISA口座3選


※2021年3月時点 当サイト調べ
積立NISA
対応商品数
手数料無料の
投資信託本数
最低積立金額
積立頻度
NISAでの
IPO対応
ジュニアNISA
ジュニアNISA
で外国株式取引
ポイント投資
 
176本 172本 9本
厳選された
ファンドのみ!
2,676本 1,584本 33本
厳選された
ファンドのみ!
100円~ 100円~ 1,000円~
毎日,毎週,毎月 毎月 毎月

未定

Tポイント
利用可能

松井証券ポイント
利用可能

LINEポイント
利用可能

SBI証券の特徴

NISA積立対応本数が最多
毎月積立、毎週積立、毎日積立から選択可能
100円から投資信託の積立が可能
利益率の高いIPO(新規公開株)取引にもNISA口座で対応
ジュニアNISA口座で外国株式が購入可能なのはSBI証券だけ!

楽天証券の特徴

NISA積立対応本数が最多トップクラス!
楽天ポイントと楽天カードで投資可能!ポイントも貯まる!
楽天会員なら口座開設手続きが簡単(約5分)
楽天銀行との連携「マネーブリッジ」で、普通預金金利5倍
毎月積立、毎週積立、毎日積立から選択可能

つみたてNISAに向いているタイプの人とは?

つみたてNISAは少額で長期的にコツコツ貯めたい方に最適です。つみたてNISAでの投信積立は、1度設定すれば銀行口座から自動引き落とし自動買付してくれるため、煩雑な取引はありません。

また、将来に必要な資金を早いうちに貯めるためにも最適です。「住宅資金」「教育資金」「老後資金」のように大きな金額を必要とする資金のために、早くからコツコツ貯めていきましょう。

例えば、教育資金として1,000万円用意しておきたい場合、利回りが7%のとき毎月2万円を20年間積立すると目標金額を達成することができます。

na

【銀行とつみたてNISA】20年間積立したときの利益は?

銀行の定期預金つみたてNISAの運用期間、20年間で月々「1万円~3万円」を投資した場合の20年後の利益を比較したいと思います。

シミュレーションの条件

① 20年間毎月積み立てを行う
② 毎月一定額で積立

■銀行の定期預金(毎月3万円の預入額の場合

月々の預入額(3万円の場合) 合計投資額 20年後の評価額 運用益
三菱UFJ銀行
720万円 7,200,717円(年利0.001%) 717円
三井住友銀行
720万円 7,201,434円(年利0.002%) 1,434円
みずほ銀行
720万円 7,200,717円(年利0.001%) 717円

■つみたてNISAの積立シミュレーション(年利7%の場合

月々の積立額 合計投資額 20年後の評価額 発生した利益
3万円
720万円 約1,572万円 約852万円
2万円
480万円 約1,048万円 約568万円
1万円
240万円 約524万円 約284万円

3大メガバンクは年率が低く、運用益が20年間で1,000円前後しか得られません。それに対して、つみたてNISAは投資した額の約2倍の利益を得ることができるため、初心者から見てもかなりお得なことが分かります。

投資は長期運用するほど大きな利益を得ることができます。ぜひ、可能な限り長期運用をしましょう。

3ステップで完了。NISA口座の開設方法


ステップ① 証券会社を選ぶ

NISA口座は税金がかからず賢く資産運用を行うことができると分かりました。まずは開設する証券口座を選びましょう。

特にこだわりがない方には、手数料を抑えて運用することができる「SBI証券」がおすすめです。

   
口座開設
維持手数料
つみたてNISA
投資信託取扱数
使えるポイント 使えるクレカ 投資信託保有の
還元率
最低投資金額
無料 176銘柄 Tポイント 三井住友カード
(最大2%還元)
0.1% 100円~
無料 172銘柄 松井証券ポイント MATSUI SECURITIES CARD
(0.5%還元)
最大0.7%
(10万円ごとに4ポイント)
100円~
無料 179銘柄 楽天ポイント 楽天カード
(最大1%還元)
0.04%
(10万円ごとに4ポイント)
100円~
無料9銘柄
厳選された
ファンドのみ!
LINEポイント - - 1,000円~

SBI証券がおすすめな理由


Tポイントを貯めている方(ポイントで投資可能)
三井住友カードを持っている方(カードで積立可能)
③ とにかく手数料を抑えて運用をしたい方
少額で始めたい方(100円から可能)
20歳未満の方。もしくは子どもの資産形成を行いたい親。

口座に特にこだわりが無い方には手数料が低い「SBI証券」をおすすめします。

松井証券がおすすめな人


カスタマーサポートを重視する方
② 投資信託の保有でポイントを貯めたい
証券会社の安心感・安定感を求める方(松井証券は1918年創業)
少額で始めたい方(100円から可能)
投資に関する様々な情報を受け取りたい方

楽天証券がおすすめな人


楽天ポイントを貯めている方(ポイントで投資可能)
楽天カードを持っている方(カードで積立可能)
楽天会員の方(スムーズに口座開設可能)
少額で始めたい方(100円から可能)
楽天銀行で預金をしたい方(金利が0.1%になる)

楽天市場や楽天カードなど、普段から楽天のサービスを利用している方には「楽天証券」をおすすめします。

ステップ② 申込み情報入力

開設する口座を選んだら、早速申し込みを行いましょう。

ここではSBI証券の口座開設方法を解説します。

以下のボタンからSBI証券の公式サイトへ行きましょう。

まずは申込情報の入力を行います。
口座開設方法は、ネットで口座開設が完了する
「ネットで口座開設」がおすすめです。

ステップ③ 必要書類の提出

申し込みが完了したら、最後に本人確認書類を提出しましょう。

書類の提出は、オンラインまたは郵送で可能です。

今書類を用意できない方も、後日提出でOKなので、まずは口座開設を先に済ませてしまいましょう。

必要書類(書類が手元にあり、スマートフォンで提出する方)

SBI証券より

上記のかんたん3ステップで口座開設ができるので、ぜひSBI証券でNISAを始めてみましょう。

【NISAのデメリットを解消したい方向け】【年間40万円以上投資する方向け】

税金が免除され使わないと損をするつみたてNISAですが、年間40万円までが非課税となります。

そのため、「年40万円以上投資したい」という方には、つみたてNISAに加えて「1株投資」をおすすめします。

つみたてNISAのデメリット

① つみたてNISAは、年間40万円までしか投資できない
② つみたてNISAは、株主優待と配当金を受け取ることができない
③ つみたてNISAは、日本株が取引できない
④ SBI証券は、1株取引手数料がLINE証券より高い
⑤ 松井証券や楽天証券などの大手口座は、1株取引ができない

上記のデメリットを解消する方法として、1株投資で優待と配当金を毎年ゲットする方法があります。

株の「配当」と「優待」について簡単に解説

①配当
株を持っていると誰でも受け取れます。
「JT」や「エネオス」などの高配当株は年5%前後の配当があります。

②優待
主にその企業が取り扱っている商品をもらえます。
優待は100株以上保有していると受け取れる場合が多いです。

毎年1万円の優待・配当を受け取る方法

毎年1万円の配当・優待を受け取るプラン

毎月3,000円を投資する
② まずは上新電機の株を1株買う
③ 2カ月目以降はJTの株を買う

このプランで投資を続けた場合、以下の金額の配当と優待を受け取ることができます。

合計投資額 1年間でもらえる
優待・配当の金額
1年目 36,000円 7,067円
2年目 72,000円 9,217円
3年目 108,000円 11,367円

1年目から7,000円を超える優待・配当を受け取ることができ、3年目には1万円を突破します。

「継続は力なり」は投資の世界では特に顕著に現れます。始める時期が早いほど優待や配当も早い時期から受け取ることができます。

プランで紹介した2銘柄の特徴は以下になります。

どちらも優秀な銘柄です。あなたの資産形成に役立つはずですので、ぜひ投資することを検討してください。

お勧め銘柄① JT
1株の価格 1株当たりの
配当金(利回り)
2,344円 140円(5.97%)
優待獲得に
必要な金額
優待内容
234,400円 食品等
(2,500円相当)
おすすめポイント
誰もが知る大企業。安定して配当が高いのが魅力。
1株投資で配当を受け取るのにはもってこいの銘柄です。
100株貯まれば優待として食品を受け取ることができる。

お勧め銘柄② 上新電機
1株の価格 1株当たりの
配当金(利回り)
2,353円 75円(3.19%)
優待獲得に
必要な金額
優待内容
2,353円 5,000円分の割引券
おすすめポイント
1株保有で優待をもらえる珍しい銘柄。
優待は通販でも使用可能なので、上新電機が近くにある方はもちろん、無い方にもおすすめ。
上新電機は家電の最安値ランキングでも1位を取ることが多いため、これを機に上新電機で家電を買い替えしてみては?

LINE証券で口座開設するメリット

1株投資は証券口座によって手数料が大きく異なります。

手数料を抑えることは利益を増やすことに直結しますので、口座選びはしっかりと行いましょう。

1株投資はこんな方におすすめ

毎月数千円程度の余剰資金がある
株主優待と配当金を毎年受け取りたい
③ つみたてNISAで投資信託を買うだけでなく、株を売買したい
手数料 0.4%
無料のタイミングあり
配当金が受け取れるかどうか
株主優待が受け取れるかどうか
キャンペーン

4,000円分の株がもらえる

1株単位の取引は手数料が安く4,000円分の株がもらえるキャンペーンを行っている「LINE証券」がおすすめです。

効率の良い資産運用を行うために、ぜひ1株投資を始めましょう。

口座開設数最多の大人気ネット証券会社

NISA口座開設数 180万口座
投資信託取扱い数 2,682本
つみたてNISA取扱い商品数175本
ジュニアNISAで外国株取引
最低積立金額 100円
NISAでのポイント投資
つみたてスタイル
毎月、毎週、毎日から選択可能
手数料(取引ごと)
10万円まで 20万円まで 30万円まで 50万円まで 100万円まで
99円 115円 275円 275円 535円
※税込
SBI証券のNISA口座を選ぶ理由

NISA対象の投資信託、IPOなどの取り扱い数業界NO.1など、とにかく商品数が多いです。
あなたにあった投資信託を診断!100円から投資できる「かんたん積立アプリ」が最大の魅力です。
また、2021年6月30日から始まる「三井住友カードつみたて投資サービス」により、投信積立額の1.5%のVポイントをプレゼントするキャンペーンが始まります。
NISA口座でも対応しているので、株初心者でも使いやすくなっています。