ロボアドバイザー対応 証券会社一覧

ウェルスナビ

運用コース数

7コース

口座開設数※1

39万口座を突破

最低資金額

10万円

コース診断

スマホ対応

手数料※2
1,000万円以下の部分 1,000万円超~3,000万円以下
の部分
3,000万円超~5,000万円以下
の部分
5,000万円超~1億円以下
の部分
1億円超の部分
1.1% 0.55%
※1:2021年3月12日時点 ※2:税込
ウェルスナビを選ぶ理由
  • 日本初のNISA口座で自動でおまかせ資産運用ができる!
  • 世界約50ヵ国11,000銘柄へ分散投資ができる
  • 手数料は預かり資産の年率1.1%
  • 1万円からの自動積立も可能


  • ※無料で口座登録。3ステップ5分程度で完了。

THEO+docomo

運用コース数

231パターン

新規お申込み数※1

11万人が運用中

最低資金額

10,000円

コース診断

スマホ対応

手数料※2
1万円未満の部分 1万円以上~50万円未満の部分 50万円以上100万円未満の部分 100万円以上~1,000万円未満の部分 1,000万円以上
1.1% 0.99% 0.88% 0.77% 0.715%
※1:2020年1月31日時点 ※2:税込
5つの質問で無料診断するだけで231パターンの中から最適な運用方法を提示
THEO+docomoを選ぶ理由

THEO+docomoでは一任型のロボアドを1万円から利用することができます。

また運用額に応じてdポイントを獲得することができる上に、 ドコモ回線のユーザーなら、通常の1.5倍のポイントを獲得することができます。

マネックス証券

運用タイプ

投資一任型

運用コース数

24コース

口座開設数※1

192万

最低資金額

1,000円

コース診断

スマホ対応

×

手数料※2
年率1.0075%
※1:2021年2月 ※2:税込
業界最安水準の手数料で、たったの1,000円から資産運用が可能!
マネックス証券を選ぶ理由

「ためる」「たのしむ」「そなえる」の3コースから、それぞれ8段階のリスク許容度別に運用コースが決められる.
1,000円からの投資に加え、1,000円からの積立もできる!
手数料は運用資金の約1%なので、初心者でも気軽に始められる。

松井証券

投信取扱数※2

1629本

口座開設数※3

139万

最低資金額

100円

夜間取引

IPO取扱数※1

56件

手数料(取引ごと)
10万円まで 20万円まで 30万円まで 50万円まで
100万円まで
なし なし なし なし なし
手数料(1日定額)
10万円まで 20万円まで 30万円まで 50万円まで
100万円まで
0円 330円 330円 550円 1,100円
税込
※1:2021年取扱数 ※2:2022年10月 ※3:2022年7月
松井証券を選ぶ理由
  • 魅力的な独自サービスの多さが魅力
  • 人気はデイトレード専用の「手数料無料の一日信用取引」
  • 50万円までの取引手数料が無料なので少額取引にも向いている


SBI証券

投信取扱数※1

2705本

口座開設数※2

840万

最低資金額

100円

夜間取引

IPO取扱数※3

122件

  • 国内株式
  • 外国株
  • 海外ETF
  • 投資信託
  • NISA
  • つみたてNISA
  • iDeCo
  • 債券
  • 金・プラチナ
  • ロボアドバイザー
  • 単元未満株
  • 信用取引
手数料(取引ごと)
10万円まで 20万円まで 30万円まで 50万円まで 100万円まで
99円 115円 275円 275円 535円
手数料(1日定額)
10万円まで 20万円まで 30万円まで 50万円まで 100万円まで
0円
税込
 ※1:2022年10月 ※2:SBIグループ全体の数値,2022年8月 ※3:2021年取扱数
SBI証券を選ぶ理由
  • 非常に安い手数料と投資商品の豊富さ
  • 銘柄条件検索機能もあり
  • これから株式投資を覚えていきたい方におすすめ
  • つみたてnisa本数はネット証券最多の183本



目的別で選ぶ