LINE証券

信用取引

IPO

-

日経225ミニ

-

ミニ株

  • 国内株式
  • 外国株
  • 海外ETF
  • 投資信託
  • NISA
  • つみたてNISA
  • iDeCo
  • 債券
  • 金・プラチナ
  • ロボアドバイザー
  • 単元未満株
  • 信用取引
                          
1株単位での手数料(取引コスト)
日中 9:00~14:50 日中 11:30~12:20※0 夜間 17:00~21:00※0
0.2%~0.4%
(11:20~12:30を除く)
1%1%
※0 一部銘柄のみ取引可能
LINEアプリを使って数百円から投資ができる!手軽さ◎

LINE証券はLINEfinancial株式会社と、野村ホールディングス株式会社が共同設立した証券会社で、2019年8月20日からサービスを開始しました。

その目的は、「投資をもっと身近に、もっと手軽に」することであり、LINEの使いやすさと、野村証券の金融ビジネスに関する専門性を活かしたサービスを提供しています。

1株数百円から購入可能で、少額からでも始められるため、初心者でも手軽に利用しやすい証券会社となっています。

LINE証券5つの魅力

魅力1:LINEアプリで手軽に利用できる

LINE証券では、他の証券サービスのように専用アプリをインストールする必要がありません。
普段使用しているLINEアプリの、ウォレットタブからアクセスすればすぐに投資を始められます。

銘柄の選択から購入数の決定、入金などが数回のタップで完結するため、操作も簡単です。

また、LINEPayからの入出金やLINEポイントでの投資が可能です。
LINEPayの残高から簡単に入金することができます。

魅力2:数百円から投資が可能

通常、株式を買うには単元株というものがあり、100株単位でないと買うことができないので、大企業の株を買おうとすると数十~数百万円かかってしまいます。

しかし、LINE証券では1株(単元未満株)から買えるので、数百円で1部上場企業のオーナーになることが出来るのです。

また、投資信託の場合は1口100円からの投資が可能です。

資金が心配な方でも、少額から安心して投資を始めることができるのが魅力です。

魅力3:手数料無料!?嬉しい低コスト!

LINE証券投資信託の購入手数料は無料になっています。

また、一般的に株式・ETFのコストは、約定ごとに手数料がかかり、1回毎に安くても100円程度かかってしまいます。

しかし、LINE証券の株式・ETFは手数料が無料です。その代わりスプレッドと呼ばれる取引コストを基準価格に上乗せたものが価格として表示されます。

取引コストは以下のようになっています。

時間帯 取引コスト(スプレッド)
日中取引 9:00~14:50
※11:20~12:30を除く
0.2%~0.4%
日中取引 11:30~12:20(一部銘柄のみ) 1%
夜間取引 17:00~21:00(一部銘柄のみ) 1%

魅力4:郵送不要!最短3分で申込完了

LINE証券は、口座開設がスマホから行えるようになっています。
郵送も不要で、本人確認書類の提出、必要な情報の入力もスマホだけで行うことができます。

LINE上で最短3分で申し込みが完了するので、非常に手軽に手続きを済ませることができ、最短翌営業日から取引が可能です。

※スマホで手続きを完了する場合には、運転免許証とマイナンバー通知カード、もしくはマイナンバーカードが必要になります。
口座開設の流れは以下になります。


魅力5:決算ビジュアルレポートを使えば、株の買い時、売り時、今後の値動きが分かる!

決算ビジュアルレポートとは、「企業の決算や業績修正」が発表された場合にLINEで速報と値動きの予想を配信してくれるサービスです。

例えば「売上高が25%の大幅増収となったため株価が上がる可能性が高い」といった具合に速報を受け取ることができるので、他の投資家よりも素早く行動することができます。(つまり株価が上がる前に買うことができる)

投資情報は正確さとスピードが命です。決算や業績修正の正確な情報をLINEで即座に通知してくれるので「決算ビジュアルレポート」の情報は非常に価値の高いものになります。

さらにAIによる短期的な値動きの予想もセットで配信してくれるので、株の買い時や売り時が分からないという方も参考にしやすくなっています。

使い方は簡単2ステップ

決算ビジュアルレポートを受け取るには、銘柄の「★マーク」をタップしてお気に入りに追加するだけでOKです。

あとは決算発表の通知を待ちましょう。

LINE証券の投資信託

月3万円が20年で1,500万円超え?

・本シミュレーション結果は、指定した数値を用いて一定の仮定のもとに算出した概算値です。手数料、税金等は考慮しておらず、実際値とは異なる場合があります。・本シミュレーションで表示されるいかなる内容も、将来の運用成果を示唆、予測あるいは保証するものではありません。・本シミュレーション結果について正確性、完全性、信頼性等を保証するものではありません。また、ご利用に当たっては、自己の責任で判断するものとし、お客さまの投資損益等ついて当社及び証券会社は一切責任を負わないものとします。

LINE証券では投資信託の運用をすることができます。
こちらのシミュレーションでは、

・毎月3万円の積立
・年率7%
・20年間の運用

の条件で、運用しているシミュレーションを示しています。

銀行の金利は非常に低く、定期預金していただけでは721万円の預金になります。
しかし、7%の利率で投資信託を運用すると、2倍以上の1,563万円まで資産を増やす事ができます。

LINE証券では
eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
というファンドを取り扱っています。

米国の経済成長率は非常に高く、【eMAXIS Slim米国株式(S&P500)】ならS&P500に連動する投資信託で積立をすることができます。

取引時間や取引の流れ

取引時間

LINE証券では、ユーザーのライフスタイルに合わせ、平日21時まで即時注文・即時約定取引ができます

仕事終わりに、夜間にニュースがあった時も値動きを見ながら取引をすることができます。

取引可能な時間帯は以下となっています。

日中 9:00~11:20、11:30~12:20(一部銘柄のみ取引可能)、
12:30~14:50
夜間 17:00~21:00(一部銘柄のみ取引可能)

取引はわずか6タップ!

次に実際の取引の流れを見てみましょう。

LINE証券の取引は、LINEアプリの「ウォレット」タブからわずか6タップで行えます。 ①LINEの「ウォレット」タブから証券を開く
②左下の検索ボタンを選択
③自分の買いたい条件に合う銘柄を検索し、選択
④選択した銘柄をいくつ購入するのかを決定
⑤「入金する」を選択し、「LINEPay口座」または「入金専用口座」を選択
⑥「買う」を選択して購入完了

とても手順がシンプルなので、投資初心者の方でも取引がしやすい所が大きな特徴です

初株チャンスキャンペーン

LINE証券では、2020年3月5日より「初株チャンスキャンペーン」を行っています。

口座開設時をして、簡単なクイズに2問答えるだけで最高3株分の購入代金が貰えます
例えば、株価が700円の銘柄の場合、3株分の購入代金「2,100円」がもらえます!

注文手数料


手数料(取引コスト)
日中 9:00~14:50 日中 11:30~12:20※1 夜間 17:00~21:00※1
0.2%~0.4%
※11:20~12:30を除く
0.5% 0.5%
※1 一部銘柄のみ取引可能

各種取扱商品


信用取引(空売り) IPO(新規公開株)
- -
夜間取引 日経225ミニ ミニ株 貸株・預株
- - -
ETF 債券 金・プラチナ eワラント
- - -

外国株式


米国株 中国株
- -
韓国株 ロシア株 ベトナム株 インドネシア株
- - - -
シンガポール株 タイ株 マレーシア株 海外ETF
- - -

対応デバイス


iPhone
Android iPad
Androidタブレット AppleWatch
-

対応キャリア


Docomo au Softbank

会社概要


会社名

LINE証券株式会社

所在地

〒141-0033 東京都品川区西品川一丁目1番1号住友不動産大崎ガーデンタワー22階

資本金

200億円

設立

2018年6月1日

電話番号

03-4316-2050

金融先物
登録業者

関東財務局長(金商)第3144号

上場

-

LINE証券を選ぶ理由

LINE証券は、LINEアプリで取引ができるので手軽に始めることができ、操作も簡単でわかりやすいのが特徴です。
LINEPayからも入金できるなど、スマホ1つで投資ができるので、投資初心者にもおすすめの証券会社です。

かんたん絞り込み検索


手数料(取引ごと)
投資信託 取扱本数
IPO 取扱数
取扱商品
外国株
特徴
詳細条件を追加する
閉じる
該当件数0

目的別で選ぶ