NISA、つみたてNISA、iDeCoは3つのシチュエーション別に使い分けるべし!おすすめの証券会社7社比較


NISA、つみたてNISA、iDeCoの制度について

NISA、つみたてNISA、iDeCoの違いを理解する5つのポイント

① それぞれ投資できる商品、非課税期間、投資可能金額が違う
② NISA、つみたてNISAは利益が発生しても税金は非課税
③ iDeCoは掛け金が全額所得控除の対象
④ NISA、つみたてNISAは楽天証券が最もお得に取引できる
⑤ iDeCoはSBI証券が最もお得に取引できる

NISA、つみたてNISA、iDeCoの違い

NISA、つみたてNISA、iDeCoは有利に投資を行うことができる個人向けの制度です。

それぞれの違いを理解し、最も自分に向いている口座で取引をしましょう。

NISA つみたてNISA iDeCo
非課税枠(年間) 120万円 40万円 最大81.6万円
(属性により)
運用期間 5年 20年 最長70歳まで
運用開始期限 2023年 2037年
投資可能商品 国内株式
投資信託
外国株式
一部の投資信託
(口座により銘柄が異なる)
一部の投資信託
(口座により銘柄が異なる)
所得控除

全額可
運用益非課税

受取額、受け取り方法による
資金の引き出し制限

なし

なし

原則60歳まで不可
おすすめ口座

NISAについて。特徴を確認しよう

NISAとは、通常株式や投資信託に投資した際に得られる配当金・分配金や売却益に対して20.315%の税金(所得税・住民税・特別復興 所得税)がかかりますが、その税金が非課税になる制度です。

年間120万円までの投資を非課税で運用可能

年間120万円まで買い付けを行うことができます。

発生した利益には通常20.315%の税金がかかりますが、NISAならそれが非課税になります。

50万円の利益が発生した場合
つみたてNISAの場合 一般口座の場合
利益
50万円
税率 0% 20.315%
税金額 0円 101,575円

非課税期間は5年間

投資後5年間の配当や値上がり益は非課税となります。

5年で売らなければならないわけでなく、5年経った時点で通常の口座へ移され、売らなかったために損をすることはありません。

株式、投資信託へ投資可能

NISAで運用できるのは、「国内外の株式」「投資信託」です。

株式が運用できる非課税制度はNISAのみです。

資金はいつでも引き出せる

いつでも保有している株式や投資信託を売却して資金を引き出すことができます。

つみたてNISAと併用不可

NISAとつみたてNISAは併用することができません。

つみたてNISAとの切り替えは年に1回のみ行うことができます。

つみたてNISAについて。特徴を確認しよう

つみたてNISAはNISAと同様、利益に対して非課税になる制度です。

ただし、投資できるのは金融庁が定めた約160銘柄の投資信託のみとなります。

投資先が少ないからと言って劣っているわけではなく、投資家にとって有利な条件の投資信託を厳選されています。(手数料、運用実績など)

そのため、つみたてNISAは投資経験の有無を問わず気軽に始めることができる制度となっています。

年間40万円までの投資を非課税で運用可能

年間40万円まで買い付けを行うことができます。

発生した利益には通常20.315%の税金がかかりますが、つみたてNISAでもそれが非課税になります。

50万円の利益が発生した場合
つみたてNISAの場合 一般口座の場合
利益
50万円
税率 0% 20.315%
税金額 0円 101,575円

非課税期間は20年

つみたてNISAは20年もの長期間非課税で運用することができます。

その間に得た配当、値上がり益が非課税になります。

金融庁が定めた条件の投資信託へ投資可能

投資信託は玉石混交です。そのため、初心者でも優良な投資信託を選べるよう金融庁が定めた条件を満たす投資信託のみ、つみたてNISAで運用することができます。

銘柄数は約160です。

資金はいつでも引き出せる

NISAと同様にいつでも保有している投資信託を売却して資金を引き出すことができます。

NISAと併用不可

NISAとつみたてNISAは併用することができません。

NISAとの切り替えは年に1回のみ行うことができます。

iDeCoについて。他2つと大きく異なるので注意

iDeCoはNISA、つみたてNISAと同様に運用益が非課税になるだけでなく、所得控除のメリットも享受することができます。特徴を確認してみましょう。

掛け金は全額所得控除の対象

iDeCoの最も大きなメリットが所得控除の対象であることです。

具体的にどのくらい節税できるのかを年収400万円の方を例に確認してみましょう。

年収400万円の方の掛け金別節税額
年間の掛け金 年間の節税額
816,000円 122,400円
276,000円 41,400円
240,000円 36,000円
144,000円 21,600円

年間の掛け金の上限は属性によって異なる

iDeCoの掛け金の上限は属性(自営業、会社員など)で決まります。

属性 掛け金の上限(年)
自営業 816,000円
専業主婦(夫) 276,000円
公務員 144,000円
会社員(企業型DCなし) 276,000円
会社員(企業型DCのみあり) 240,000円
会社員(企業年金加入(DB)) 144,000円

最長70歳まで運用可能

NISAやつみたてNISAと異なり、運用可能年数は運用者の年齢によって決まります。

例えば、30歳の方がiDeCoを始めた場合は70歳までの40年間が非課税で運用できます。

証券会社が指定した銘柄に投資可能

非課税制度で唯一元本確保型(定期預金等)を選択できます。

銘柄数は5~35程度です。(例外の口座あり)

運用手数料がかかる

iDeCoは運用するために毎月手数料を支払う必要があります。

手数料は口座にもよりますが、171円~(月)です。

iDeCo手数料
支払先 国民年金基金連合会 事務委託先金融機関 運営管理機関手数料
加入者(掛金拠出) 2,829円(初回のみ)
105円(月額、税込)
66円(月額、税込) 金融機関によって異なる

資金は60歳以上でないと引き出せない

iDeCoで運用している資金は原則60歳以上にならないと引き出すことができません。

引き出す場合は一時金または年金として受け取ります。(どちらも所得控除あり)

30年勤続の方の税金がかからない上限額
一時金で受け取り 年金で受け取り
退職所得と合わせて
1,500万円まで
公的年金と合わせて
120万円まで(65歳未満の場合年70万円まで)

NISA、つみたてNISAと併用できる

NISA+つみたてNISAの組み合わせは併用できませんが、「iDeCo+NISA」もしくは「iDeCo+つみたてNISA」の組み合わせは併用ができます。

使わないと損な制度ですので資金に余裕がある方はぜひ併用するべきです。

あなたに向いているのはどの制度?メリットデメリットで選ぼう!

NISA、つみたてNISA、iDeCo比較
一般NISA つみたてNISA iDeCo
年間投資限度額 120万円 40万円 14万4,000円~81万6,000円 (年金の種類による)
最低投資金額 100円 100円 月額5,000円
運用期間 最長5年間 最長20年間 60歳まで
利用可能年齢 20歳~ 20歳~ 20歳~65歳
投資可能商品 国内株式 外国株式 投資信託 ETF、REITなど
(合計数千銘柄)
金融庁指定の投資信託
(合計約160銘柄)
iDeCo用の投資信託、預金、保険
(合計約30銘柄)
資金の引出し制限 なし なし 60歳まで引出不可 (60歳時点で運用期間が10年未満の場合は10年間引出し不可)
非課税対象 運用益 運用益 運用益、掛金が全額所得控除

3つの非課税制度をそれぞれ比較しましたが、あなたにはどの制度が向いているのでしょうか?

チェックポイントで確認してみましょう。

NISAが向いている人、向いていない人

NISAに向いている人

年間40万円を超えて投資できる人
② 個別の銘柄の株へ投資し、株主優待などを得たい人
60歳になるまでに資金を引き出したい人

NISAは年間120万円の投資枠があり、非課税制度の中で最も大きな金額を非課税で投資できます。

つみたてNISAの投資枠の上限は40万円なのでそれを超えて投資できる方はNISAのほうがお得といえるでしょう。

また、国内株式の個別銘柄へ投資が可能なので、非課税で配当金や株主優待を受け取ることもできます。

NISAに向いていない人

年間40万円以下の投資額
長期的に運用をしたいと考えている人(5年以上)
③ 投資に関して知識が十分でないと感じている人

NISAは年間120万円までの投資が可能です。しかし、運用期間が5年と、つみたてNISAと比較し短いです。

年間40万円以上投資できる方でないとNISAの投資可能枠を無駄にしてしまうので、つみたてNISAを選択したほうがお得といえるでしょう。

また、NISAはほぼすべての投資信託、国内株式と一部の海外株式に投資できます。

そのため、自分で選択し運用する知識が必要になります。

つみたてNISAが向いている人、向いていない人

つみたてNISAに向いている人

年間40万円以下の投資額の人
② 投資に関して知識が十分でなく、運用はプロへ任せたい人
長期的に運用したい人
60歳になるまでに資金を引き出したい人

つみたてNISAでは金融庁が指定した条件に合致した優良な投資信託へのみ投資ができます。

そのため、投資経験がない方でも始めやすいでしょう。

NISAの運用期間が5年なのに対してつみたてNISAは20年と長期運用が可能なので、複利で利益を大きく伸ばすことも可能です。

つみたてNISAに向いていない人

年間40万円を超えて投資をしたい人
② 個別の株式へ投資し株主優待を得たい人

つみたてNISAの非課税枠は年間40万円です。
これを超えた分は通常の口座で買付したものとされ20.315%の税金が課税されます。

年間40万円以上投資したい方はNISAがおすすめです。

また、つみたてNISAで投資ができるのは一部の投資信託に限られます。個別の株式へ投資し、株主優待を得たい方はつみたてNISAでは行うことができないので、NISAがおすすめです。

iDeCoが向いている人、向いていない人

iDeCoに向いている人

収入がある人
② 老後に必要な資金が年金だけでは足りない人
長期的に運用したい人
60歳になるまでに資金を引き出さなくても大丈夫な人

iDeCoは掛け金が全額所得控除となるので、収入があり住民税、所得税を納めている方ならだれでも納税額を減らすことができます。

そのため、上記の向いている人の条件に当てはまるのならNISAや、つみたてNISAを始める前にiDeCoを始めたほうが良いでしょう。

もちろん、iDeCoの掛け金を超えて投資する余裕がある方はiDeCoに加えてNISAやつみたてNISAを始めることができるので、併用するとより大きなメリットを享受できます。

iDeCoに向いていない人

収入がない人
60歳になる前に資金を引き出したい人
継続的に掛け金を拠出できない人

iDeCoでは一度拠出した資金は原則60歳まで引き出すことができません。

また、収入がない方でもiDeCoへ加入できますが、所得控除ができないのでメリットを最大限享受することはできません。このような方はつみたてNISAを選択するとよいでしょう。

さらに、毎月手数料が171円かかるので拠出額が少ない方は手数料が利益を上回ってしまい資金が目減りしていくことになります。
そのため、iDeCoでは継続して掛け金を拠出できることが理想です。

つみたてNISAとiDeCoの併用が最強!

NISAとつみたてNISAの併用はできません。税制メリットを最大限活用するなら【つみたてNISA+iDeCo】です。もしつみたてNISAの年間投資金額40万円より大きく投資したい場合は、【NISA+NISA終了後つみたてNISA+iDeCo】です。

NISAは現行通りなら2023年に終了するため、最大2019年からの投資で120万円×5年=600万円の非課税枠となります。

つみたてNISAは2037年まで投資できるため40万円×18年=720万円の非課税で最長20年間非課税期間があるので、つみたてNISAの方が税制メリット は大きくなります。しかし、1年の投資金額が40万円までのため、5年以内の売却を考え投資金額が大きい場合は、NISAが終了する2023年までNISAで運用してその後つみたてNISAにすると良いでしょう。

つみたてNISAとiDeCoの積立額のシミュレーション

つみたてNISAとiDeCoを併用すると、どのくらいの金額が積立できるのでしょうか。

例として公務員の方がつみたてNISA、iDeCoを利用して年利5%で運用できた場合を見てみましょう。

つみたてNISAとiDeCoの最終積立金
つみたてNISAのみ
(年利5%)
iDeCoのみ
(年利5%)
つみたてNISA +iDeCo
毎月の投資金額 33,333円 12,000円 45,333円
10年後 5,176,017円 1,863,382円 7,039,399円
20年後 13,700,974円 4,932,394円 18,633,368円
30年後 27,741,662円 9,987,087円 37,728,749円

なんと月45,333円を積み立てると30年後には約3,800万円にもなります。利益を再投資することでさらに利益が増える「複利」によるもので、投資期間が長いほど効果が大きくなります。

この積立金以外にも、iDeCoの拠出金月1.2万円×12ヶ月=14.4万円が所得控除でき、所得税・住民税を軽減できるメリットがあります。

NISA、iDeCoなら「SBI証券」、つみたてNISAなら「楽天証券」

ネット証券比較(2019年11月)
つみたてNISA銘柄数 iDeCo銘柄数 ポイントで投資可能

152本

31本

国内株式
投資信託
(楽天ポイント)

153本

87本

投資信託
(Tポイント)

149本

25本

カブドットコム証券

150本

27本


149本

12本

投信3銘柄のみ
(松井証券ポイント)

GMOクリック証券

DMM株

NISA、つみたてNISAなら楽天証券が断然お得な7つの理由

楽天証券のNISAに関するメリット

① 国内株式が楽天ポイントを使って購入できる
② 株の売買手数料が最安水準
③ PTSにより朝8時から夜24時まで取引可能

国内株式が楽天ポイントを使って購入できる

ポイントでの国内株式購入

楽天証券では2019年10月28日から楽天ポイントで国内株式を購入できるようになりました。
1ポイント=1円として利用できるのでポイントがそのまま資産となります。

これは全証券会社を見回しても楽天証券のみのサービスとなっています。楽天ポイントを貯めている方はぜひ楽天証券でNISAを始めるべきでしょう。(SBIネオモバイル証券もポイント投資が可能ですが、NISA口座非対応)

また、楽天ポイントを貯めていない方でも、大変お得なので貯め始めてみましょう。

楽天ポイントを貯める方法

楽天カードの使用(100円=1ポイント)
対象店舗でのポイントカード提示(100円=1ポイント)
楽天カードでの投資信託の購入(1%)
楽天証券での投資信託保有(10万円分=月4ポイント)
その他楽天のサービス

など

株の売買手数料が最安水準

大手ネット証券3社の手数料比較(税込、最安プラン)
10万円まで 0円 0円 110円
20万円まで 115円 115円 198円
30万円まで 115円 115円 275円
50万円まで 275円 275円 495円

PTSにより朝8時から夜24時まで取引可能

楽天証券はPTS(私設取引システム)に対応しており、通常の取引時間(9時から15時)以外にも取引を行うことができます。

また、SOR注文といって、取引可能な市場(東証、Chi-X、JNXの3つ)から自動で最も有利な条件を探し注文する機能もあり無料で利用できます。

大手ネット証券3社の手数料比較(税込、最安プラン)
PTS対応
取引可能な市場 ・東証
・Chi-X
・JNX
・東証
・JNX
-
取引可能な時間 8時~16時
17時~24時
8時20分~16時
17時~24時
-
手数料 無料 無料 -

楽天証券のつみたてNISAに関するメリット

① つみたてNISAの取扱銘柄数がトップクラスの152銘柄
楽天ポイントを使って投資信託のつみたてができる(1ポイント=1円)
③ 投資信託の積立時に楽天ポイントが1%貯まる
投資信託の保有でも楽天ポイントが貯まる(10万円分=4ポイント(月))

① つみたてNISAの取扱銘柄数がトップクラスの152銘柄

大手ネット証券3社のつみたてNISA取扱銘柄数(2019年11月)
銘柄数 152銘柄 153銘柄 149銘柄

つみたてNISAは金融庁が指定した投資信託約160銘柄が取引できますが、楽天証券を含む3社ともほとんどの対象銘柄を取り扱っています。

口座を開設したは良いが取引したい銘柄が無いということにはならないでしょう。

② 楽天ポイントを使って投資信託のつみたてができる(1ポイント=1円)

ポイントでの投資信託購入

楽天ポイント

Tポイント

楽天証券のつみたてNISAで最も大きなメリットの1つは楽天ポイントで投資信託を購入できることです。

SBI証券もTポイントで投資信託を購入できます。しかし、Tポイントは基本の還元率が低いので楽天ポイントよりも貯まりづらいです。

楽天ポイント:利用額の1%
Tポイント:利用額の0.5%

③投資信託の積立時に楽天ポイントが1%貯まる

投資信託の購入でポイント付与

投資信託を購入するだけでポイントがもらえるのは楽天証券だけです。

楽天カードが必要になってしまいますが、投資信託を楽天カードで購入すると1%の楽天ポイントが付与されます。

付与された楽天ポイントでさらに投資信託を買うことができるので、投資信託を購入した瞬間に1%の利益が発生したことになりますね。

定期預金の金利は良くても0.1%程度なのでいかに大きな利益かがわかるかと思います。

これを利用しない手はないくらいお得ですので、楽天カードを持っていない方はこの機会に作成しましょう。

年会費無料、入会時に2,000ポイントの通常ポイントが付与されるのでそのポイントでも投資信託が購入可能です。

④ 投資信託の保有でも楽天ポイントが貯まる(10万円分=4ポイント(月))

投資信託の保有でポイント付与

0.048%(年)

0.01%~0.1%(年)

0.03%(年)

楽天証券は投資信託を保有しているだけで10万円分ごとに4ポイントを毎月受け取ることができます。

これには楽天証券の口座のほかに楽天銀行の口座も必要になりますが、「マネーブリッジ」という機能を使うと楽天銀行の残高で直接売買の取引をすることができます。

非常に便利なのでこの機会に楽天銀行の口座も作成しましょう。

iDeCoはSBI証券!優れている3つのポイント

SBI証券のiDeCoに関するメリット

取扱銘柄数がトップクラス
運営管理手数料が無料
信託報酬が最安水準の投資信託を取り揃え

① 取扱銘柄数がトップクラス

iDeCo取扱銘柄数

31銘柄

37銘柄

25銘柄

投資信託の信託報酬は高いほど利益が出るというわけではありません。むしろその逆となる場合が多いので投資する商品を選ぶ際は信託報酬の低いものを選びましょう。

例えば、信託報酬の低い投資信託に「ニッセイ外国株式インデックスファンド」があります。

過去5年間の平均で年6.86%の利益を生み出していますが、信託報酬はわずか0.10989%です。

一方、信託報酬の高い投資信託に「ラッセル・インベストメント外国株式ファンド」がありますが、こちらは信託報酬が1.463%と高いにもかかわらず過去5年間の平均リターンは6.51%と低くなっています。

ニッセイ外国株式インデックスファンド ラッセル・インベストメント外国株式ファンド
信託報酬 0.10989% 1.463%
過去5年の平均リターン 6.86% 6.51%
100万円保有していた場合の信託報酬(年) 1,098.9円 14,630円

② 運営管理手数料が無料

 
積立を行う場合のiDeCo手数料比較(税込)
加入時手数料
(1回のみ)
2,829円 2,829円 2,829円
国民年金基金連合会
(毎月)
105円 105円 105円
事務委託先金融機関
(毎月)
66円 66円 66円
運営管理手数料
(毎月)
0円 0円 0円
合計
(毎月)
171円 171円 171円

これはSBI証券だけのメリットではありませんが、運営管理手数料が無料のため、全金融機関で最安のコストで運用できます。

運営管理手数用以外の手数料はどの口座を選んでも同額発生します。

③ 信託報酬が最安水準の投資信託を取り揃え

大手ネット証券会社3社の最低手数料銘柄
投資信託 ニッセイ外国株式インデックスファンド たわらノーロード先進国株式 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
信託報酬 0.10989% 0.10989% 0.10989%

これもSBI証券だけのメリットではありませんが、信託報酬が低い投資信託がそろっています。

コストを下げることは利益を増やすことに直結するので、信託報酬が低い投資信託を多く取りそろえたSBI証券でiDeCoを始めましょう。

まとめ NISA、つみたてNISAなら楽天証券!iDeCoならSBI証券がお得

それぞれの制度について解説してきましたが、NISAとつみたてNISAなら楽天証券が、iDeCoならSBI証券が最も有利な条件で取引できます。

証券口座は長く付き合うことになります。各社のメリットを生かしNISA・つみたてNISAなら楽天証券、iDeCoならSBI証券と使い分けしましょう。

口座開設数最多の大人気ネット証券会社

SBI証券
SBI証券

口座開設数最多の大人気ネット証券会社。
人気のIPOを約86社と多数取り扱っているところも◎また夜間取引が可能という点も初心者から上級者まで幅広い方に支持される理由のひとつ!

さらに、独自のサービスとして 銘柄条件検索機能は初心者には助かる機能です。まさに死角のない証券口座です!

積立可能な
投資信託の本数

2,530本

ノーロード本数
(手数料無料投信)

1,335本

つみたてNISA
取扱商品数

150本

最低積立金額

100円~

ポイント投資

×

スマホで取引

ジュニアNISA

現物取引手数料
(株取引手数料)

0円~

IPO件数
(2018年)

86件

特徴

豊富な取扱本数とIPO件数

手数料が安く低コスト取引が可能な証券会社

楽天証券
楽天証券

取引手数料が最安水準の証券会社。
楽天ポイントを1ポイント1円として投資をすることも可能!

さらに、手数料から1%の楽天ポイントがキャッシュバックされるなど、手数料を徹底的に抑えたい方に最適な口座になっています。

積立可能な
投資信託の本数

2,507本

ノーロード本数
(手数料無料投信)

1,351本

つみたてNISA
取扱商品数

150本

最低積立金額

100円~

ポイント投資

スマホで取引

ジュニアNISA

現物取引手数料
(株取引手数料)

0円~

IPO件数
(2018年)

11件

特徴

投資で楽天ポイントが貯まる、使える!

目的別で選ぶ