海外ETFとは?海外ETFの手数料・税金を免除する裏技をご紹介! 海外ETFおすすめの証券会社6社を徹底比較

海外ETFとは?

  ETF 投資信託
上場 上場 非上場
基準価額 リアルタイム 一日1つの基準価額
当日価格は非公表
取扱会社 証券会社のみ 証券会社、銀行、ゆうちょ銀行、信用金庫など
最低投資金額 単元口数以上
1万円~10万円
100円、1,000円
1万円と取扱会社によって異なる
手数料 買付、売却ともに株式取引手数料がかかる 買付のみ、無料のこともある
信託報酬 低い 低い~高い
信用取引 ×

ETFは、「exchange traded funds(上場投資信託)」といい、日経平均などの指数に連動する投資信託で証券取引所にて取引できるものをいいます。

海外ETFを理解する5つのポイント

@ 海外ETFは株式と同じように取引できる
A 海外ETFは取引するにあたり買付手数料、売却手数料、為替手数料がかかる
B 買付後に円高になると損失となる(逆に円安なら利益になる)
C NISA口座を使うことで売買益は非課税になる(配当金には10%の課税)
D 海外ETFよりもロボアドバイザーを使ったほうがお得になる場合もあり

投資信託の最大のデメリットである売却時に価格が分からないという点を解消してくれるのが、ETFです。投資信託は買付する人と売却する人が平等になるよう、当日の基準価額を公表しません。したがって、きちんとした価格が分からないまま取引しなければならず、売却時少しの利益で売却する場合には注意が必要です。

一方、ETFはリアルタイムで価格が提示され、価格も株式同様指値が可能なため売却注文の際は、利益金額を確定させて売却することができるのが最大のメリットです。

では、国内ETFと海外ETFとの違いを比較してみます。

■国内ETFと海外ETFの比較

  国内ETF 海外ETF
取扱会社 証券会社 外国株式取扱証券会社
取引通貨 円建 現地通貨建
売買可能ETF どの証券会社も同じ 証券会社によって異なる
手数料 株式取引手数料 外国株式取引手数料
為替手数料(円貨決済)
市場規模 小さい 大きい

国内ETFはどの証券会社でも取引できますが、株式取引手数料がかかるためネット専業証券の方が手数料を安く抑えることができるのでおすすめです。

一方、海外ETFは、外国株式を取り扱う会社でないと取引できません。手数料は円から投資する円貨決済の場合、外国株式取引手数料に加えて為替手数料がかかるため、国内ETFより手数料は高くなります。

国内ETFにも、(銘柄コード:1309)上海株式・上証50連動型上場投資信託、(1324)NEXT FUNDS ロシア株式指数上場投信、(1546)NEXT FUNDS ダウ・ジョーンズ工業株30種など海外指数で運用されているETFが上場していますが、海外ETFに為替手数料をかけてまで投資するメリットは何でしょうか。

海外ETFの7つのメリット・デメリット

■メリット
1銘柄数が多い
米国ETFでは、ニューヨークダウなどの指数に連動するインデックスから、ヘルスケアなどの生活必需品、原油や金などのコモディティに至るまで、ラインアップが豊富です!

1信託報酬が安い
信託報酬は、基準価額に日々引かれている間接的な手数料です。

例えば、国内で信託報酬が低いといわれている「日経225連動上場投資信託(銘柄コード:1321)の信託報酬が年率0.22%に対して、米国で最も人気のバンガード・トータル・ワールド・ストックETF(スティッカー:VT)の信託報酬は年率0.09%と非常に低くなっています。 運用コストが低ければ、それだけ基準価額は上がりやすくなります。

1円高になってもドルのまま保有して為替リスクを回避できる
国内に上場する海外株式で運用されているETFは、常に為替リスクを伴います。しかし、米国上場のETFなら、株価変動リスクはあるものの、外貨決済でドルのまま決済して保有して円安のタイミングで円に替えれば為替リスクを回避することができます。

1夜に取引できる!

  日本(東証) ニューヨーク(日本時間) 香港(日本時間)
取引可能時間 9:00~11:30
12:30~15:00
23:30~6:00 10:00~10:20
10:30~13:00
14:30~17:00

米国市場の取引なら、ニューヨークとの時差で夜にリアルタイムで取引することができます。時差は14時間(サマータイム時13時間)で、ニューヨークの取引時間は9:30~16:30(日本時間23:30~6:00、サマータイムは22:30~5:00)となっています。

ちなみに香港市場は、香港との時差は1時間のため香港市場はプレオープニングセッション9:00~9:20(日本時間10:00~10:20)、前場9:30~12:00(日本時間10:30~13:00)、後場13:30~16:00(日本時間14:30~17:00)となっています。

デメリット
1取引手数料が高い
取引手数料は国内株式と比較して高くなります。さらに円からの投資である「円貨決済」だと、為替手数料がかかります。

1為替リスク
円→ドルまたは、円→香港ドルの為替リスクがかかりますが、国内ETFで外国株式にて運用されているものと比較して、メリットでも述べたように外貨で取引することにより為替リスクを回避することができます。

1二重課税

※カブドットコム証券より

米国ETFの分配金は現地で10%源泉徴収され、さらに国内で20.315%源泉徴収されるため二重課税となります。この場合、確定申告の「外国税額控除の適用申請」で現地での源泉徴収分10%分還付を受けることができます。売却益には課税されません。

一方、香港ETFの分配金、売却益は源泉徴収されないため、二重課税となりません。

おすすめ海外ETF3選

銘柄銘 地域 組み入れ銘柄情報 信託報酬(年率)
バンガード・トータル・ワールドストックETF 世界 先進国から新興国まで世界約47ヵ国の約8,000銘柄で構成されています。 0.25%
バンガード・S&P500ETF 米国 米国市場の大型株約500銘柄で構成されていて、同指数に連動するETFの中でも信託報酬は最低水準です。 0.03%

バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF

新興国 全世界の新興国市場の株式のパフォーマンスを表し、対象国にはブラジルやロシア、インドなどを含みます。 0.1%

ここではおすすめの3つの海外ETFを紹介致しました。

海外ETFを選ぶ基準として、
@信託報酬が安いもの
A純資産額が大きいもの
B出来高の多いもの

これらの基準に合わせて銘柄を選ぶことをおすすめします。

海外ETFの買付手数料と税金が免除になる裏技

税金を非課税にする裏技

外国株式がNISA口座の対象となる証券会社なら、NISA口座で分配金と売却益を非課税にすることができます。

NISAとは、株式や投資信託などに投資して売却したときにかかる税金が非課税になる制度です。

NISAには、「(一般)NISA」「つみたてNISA」「ジュニアNISA」の3種類がありますが、 海外ETFに利用できるのは、一般NISAとジュニアNISAの2種類です。

・一般NISA概要

利用できる方 日本在住の20歳以上の方
投資対象 株式・投資信託・ETF・REITなど
口座開設数 1人1口座
つみたてNISAと併用不可
非課税投資枠 新規投資金額毎年120万円上限
(合計600万円)
非課税期間 最長5年間
投資可能期間 2014〜2023年

・ジュニアNISA

利用できる方 日本在住の0歳~19歳の方
(口座開設時の年の1月1日時点)
投資対象 株式・投資信託・ETF・REITなど
口座開設数 1人1口座
非課税投資枠 新規投資金額毎年80万円上限
非課税期間 最長5年間
投資可能期間 2016〜2023年
払出 18歳まで(高校3年生の12月31日まで)払出付加

一般NISAの特徴

@海外ETFなど数多くの金融商品へと投資をすることができる
A1年あたりのNISA枠の上限が120万円と他のNISAに比べて大きい
B「投資を自分の判断で行って勉強したい」「投資経験がある」という方々にオススメ!

ジュニアNISAの特徴

@教育資金や子供の投資の勉強に使うのに最適
A18歳(高校3年生の12月31日まで)引き出すことが出来ないので注意!


国内投資信託やETFをNISA口座で非課税取引する場合、分配金と売却益は非課税となります。しかし、海外ETFの場合国内ETFと税制が異なります。

■海外ETFの分配金にかかる税金

外国株式の配当金には、【現地でかかる税金】が源泉徴収され、その後【国内でかかる税金20.315%】が源泉徴収されます。これを『二重課税』といい、確定申告をすることにより「外国税額控除の適用申請」で現地でかかった税金分還付を受けることができます。

一方、NISAの場合は確定申告をすることができないため、国内でかかる税金は非課税となりますが、【現地でかかる税金】は源泉徴収されたままになります。
しかし、米国ETFであれば、米国内の分配金にかかる税金は10%で、国内にかかる20.315%より税金は少ないため、NISA口座で分配金を受け取る方が税金は安くなります。 香港ETFの場合は、現地での課税がないため、NISAでは非課税にて分配金を受け取れます。

ただし、NISA口座での損失を他の利益と相殺したり、繰越控除することはできません。

■海外ETFの売却益にかかる税金

海外ETFのほとんどが「租税条約」により現地では課税されません。 そのため、NISAでの取引であれば非課税となります。しかし、海外ETFの買い付け及び、売却の前後に生じた為替差益は、雑所得として確定申告が必要となります。雑所得は、20万円以下であれば所得税の確定申告は不要です。

■海外ETFの税金

  現地
売却益課税
国内
売却益課税
国内
分配金課税
外貨決済による為替取引 現地分配金
課税
米国ETF なし 20.315%
→NISAで
非課税
10%
源泉徴収
20.315%
→NISAで
非課税
雑所得
香港ETF なし 20.315%
→NISAで
非課税
なし 20.315%
→NISAで
非課税
雑所得

手数料を無料にする裏技

NISA口座での海外ETFを買付すると買付手数料が全額キャッシュバックされる証券会社があります。

楽天証券

SBI証券
マネックス証券

上記の証券会社で海外ETF買付すれば、手数料が実質無料で買付することができます。 ただし、売却手数料、現地取引手数料、為替手数料はキャッシュバック対象外となります。

場合によってはロボアドバイザーを通したほうがお得なことも

ロボアドバイザーとは、個人の年齢、資産状況に応じて適切な資産比率で自動で運用してくれるサービスの事です。

ロボアドバイザーをお勧めできる人

@ 自動で運用、積み立てをしてほしい
A 面倒な管理はAIに任せたい
B 分散投資でリスクを抑えて長期的に運用したい
C リアルタイムで取引はできなくてよい

ロボアドバイザーでは手数料が一律の場合が多く、場合によっては海外ETFを直接買い付けるよりも手数料が低くなる場合があります。

ロボアドバイザー
(WealthNavi)
海外ETF
(楽天証券)
買付手数料 無料 0.45%
売却手数料 無料 0.45%
為替手数料
(往復)
無料 1ドルにつき50銭
管理手数料 預かり額に対して年1% 無料

海外ETFは取引を行うのに買付手数料、売却手数料、為替手数料がかかりますが、ロボアドバイザーの場合管理手数料のみがかかります。

どちらがお得なのか、北米へ投資する海外ETF(VTI)を実際に売買した場合で比較してみましょう。為替レートは1ドル=106円で計算しています。

VTIを1口取引購入し1年後売却した場合の手数料比較
ロボアドバイザー
(WealthNavi)
海外ETF
(楽天証券)
購入した価格
(2019年8月)
145.14ドル(15,385円)
売却した価格
(7%の成長を想定)
155.30ドル(16,462円)
買付手数料 無料 0.65ドル(69円)
売却手数料 無料 0.70ドル(74円)
為替手数料
(往復)
無料 0.75ドル(80円)
管理手数料 1.49ドル(158円) 無料
手数料合計 1.49ドル(158円) 2.1ドル(223円)

VTIを1年間運用し売買した場合、海外ETFを直接購入するのではなく、ロボアドバイザーを通して購入したほうが手数料が抑えられることがわかりました。

また、ロボアドバイザーは非課税ではありませんが、分配金を出さず再投資をしてくれるので、解約し現金に戻す時まで税金が発生することはありません。海外ETFは配当金から10%の税金が天引きされています。

今度はそれらを加味し実際にVTIを3年間運用して売却した場合の運用益を比較してみましょう。配当金は年3%、成長は年7%すると仮定します。また、為替レートは1ドル=106円で計算しています。

VTIを1口取引購入し1年後売却した場合の手数料比較
ロボアドバイザー
(WealthNavi)
海外ETF
(楽天証券)
購入した価格
(2019年8月)
145.14ドル(15,385円)
売却した価格
(7%の成長を想定)
189.89ドル(16,462円) 193.90ドル(20,553円)
買付手数料 無料 0.65ドル(69円)
売却手数料 無料 0.70ドル(74円)
為替手数料
(往復)
無料 0.87ドル(92円)
管理手数料 5.15ドル(546円) 無料
税金 9.09ドル(964円) 1.64ドル(174円)
利益合計 35.66ドル(3,880円) 44.9ドル(223円)

海外ETFの場合、税金は配当金のみにかかるので、ロボアドバイザーよりも税金が安く抑えられています。

一方ロボアドバイザーは保有している資産に対して手数料がかかり、売却益に対しても20.315%の税金がかかるので、海外ETFよりも運用益が少なくなってしまいました。

しかし、ロボアドバイザーが優れていないというわけではありません。

ロボアドバイザーには以下の機能があり、投資家に代わりETFの運用をしてくれます。

ロボアドの優れた4つの機能

@ 自動で積立、再投資をしてくれるので福利効果を得やすい
A 個人に最適な資産配分で運用してくれるため、リスクを管理しやすい
B 資産のバランスが崩れた場合、自動で修正してくれる
C 支払う税金を減らす税金最適化機能がある

一か所に集中的に投資するより分散させたほうがリスクを抑えることができます。

ロボアドバイザーは個人に最適な資産配分で運用してくれるので、手間を省きたい、リスクを抑えて安定的に運用したい方にお勧めできます。

おすすめロボアドバイザー
人気No.1ロボアド


最低投資額 10万円 10万円
手数料 1% 0.702%
資産配分自動判断、最適化

対応

対応
税金最適化

対応

非対応
 

こだわりがなければ海外ETFよりも投資信託がおすすめな5つの理由

結論から言うと、多くの人には海外ETFよりも投資信託のほうがお勧めです。

理由は以下の5つあります。

海外ETFよりも投資信託がおすすめな5つの理由

@ つみたてNISAを使うと非課税、手数料無料で取引ができる
A 買付手数料、売却手数料、為替手数料が無料のものが多い
B 信託報酬が海外ETFよりも高いが、その他手数料が安い
C 海外ETFと同じ内容に投資ができる
D 100円から投資ができる

@ つみたてNISAを使うと非課税、手数料無料で取引ができる

海外ETFはNISAに対応していますが、現地での税金は非課税になりません。

しかし、投資信託はつみたてNISAに対応しており、現地での税金も発生しないので非課税で運用することができます。

つみたてNISAの特徴
年間非課税枠 40万円
非課税期間 最長20年
対象商品 投資信託(約160銘柄)
対象者 日本に居住する20歳以上の方

A 買付手数料、売却手数料、為替手数料が無料のものが多い

昔の投資信託は、年間の手数料(信託報酬)が数%、購入手数料も数%かかるものが多く、良い商品とは言えませんでした。

しかし、最近の投資信託は年間の手数料(信託報酬)が1%以下、購入手数料が無料のものが多く販売されており、投資家にとってメリットが大きい商品が増えました。

また、海外の資産へ投資しても為替手数料がかかりません。

ちなみに、北米へ投資する「楽天VTI」年間の手数料(信託報酬)は、0.1596%、購入手数料が無料と超低水準です。

B 信託報酬が海外ETFよりも高いが、その他手数料が安い

海外ETFのメリットとして、信託報酬が低いということがあります。

投資信託はETFよりも手数料が高いですが、売買手数料や購入手数料、為替手数料がかからない場合が多く、海外ETFよりも低コストで取引ができます。

VTI
(海外ETF)
楽天VTI
(投資信託)
信託報酬 0.03% 0.1596%
購入手数料 0.45% 無料
売却手数料 0.45% 無料
為替手数料 1ドルにつき50銭 無料

C 海外ETFと同じ内容に投資ができる

Bで紹介した海外ETFのVTIと楽天VTIは全く同じ対象へ投資する商品です。

ほかにも、米国の指数である「S&P500」や、新興国株式などにも投資し信託を通じて投資ができます。

D 100円から投資ができる

海外ETFを買い付ける場合、数万円の資金が必要ですが、投資信託は100円から買付ができるようになっています。

そのため、投資のハードルが低くなっています。

少額から買付ができることで、複数回に分けて投資信託を購入することができ、「ドルコスト平均法」の効果が期待できます。

海外ETF,投資信託へ投資するなら楽天証券が最もお得になる理由

海外ETF,投資信託ともに、楽天証券で買い付けるするのが最もお得になります。理由は以下の3つあります。

海外ETF,投資信託ともに楽天証券がおすすめな3つの理由

@ 投資信託の買付代金から1%が還元される
A つみたてNISA対応の投資信託取扱数がトップクラス
B 海外ETFの取引手数料が業界最安

@ 投資信託の買付代金から1%が還元される

楽天証券は唯一投資信託を購入しただけでポイントが貯まる証券会社です。

楽天証券の投資信託を楽天カードで買い付けると買付代金の1%が楽天ポイントで還元されます。

還元されたポイントは、楽天ポイントの加盟店で使えるほか、新たに投資信託の積み立てにも使うことができます。

つまり、楽天証券で投資信託を買うことはほかの証券会社で買うよりも1%利回りが良くなるということになります。

大手ネット証券会社のポイント還元率比較



ポイント還元率 1% 0% 0%
 

A つみたてNISA対応の投資信託取扱数がトップクラス

つみたてNISAに対応した約160の投資信託はすべて金融庁の厳しい基準を通過した優良な投資信託です。

楽天証券では2019年8月現在、152銘柄を取扱いしており、積立NISA対応の投資信託の大部分を取り扱っています。

大手ネット証券会社のつみたてNISA取扱銘柄数比較



銘柄数
(2019年8月)
152銘柄 152銘柄 149銘柄
 

B 海外ETFの取引手数料が業界最安

投資信託でメリットが多い楽天証券ですが、海外ETFでもメリットがあります。

海外ETFは海外株式と同じように取引しますが、その取引手数料が2019年7月から0.45%に引き下げられました。

これにより楽天証券は業界最安の取引手数料となりました。

とにかく、楽天証券の口座を開設しておけば投資信託、海外ETFに対応することができるので、最もお得で汎用性が高い口座だといえます。

ぜひこの機会にメリットが多い楽天証券の口座を開設しお得に取引を始めましょう!

取引手数料が最安水準の証券会社。
楽天ポイントを1ポイント1円として投資をすることも可能!

さらに、手数料から1%の楽天ポイントがキャッシュバックされるなど、手数料を徹底的に抑えたい方に最適な口座になっています。

手数料
(1注文)
手数料
(1日定額)
信用取引 IPO
99円〜 0円〜
日経225ミニ ミニ株 投資信託 特記事項
- 夜間取引可

一緒に読みたい記事

当サイト一押しの証券会社

demo

DMM 株
20万円以上の取引なら手数料が最安!取引額が大きい方におすすめで、2019年からIPOの取り扱いもスタートした証券会社です。

詳細はこちら

demo

SBI証券
国内株式個人取引シェアNo.1の大人気ネット証券会社!非常に安い手数料と投資商品の豊富さが魅力的です。

詳細はこちら

demo

松井証券
手数料が売買回数に関係なく50万円まで無料。 ロボアドや取引アプリが無料で使える。コストを抑えたい初心者におすすめの証券会社。

詳細はこちら

demo

ウェルスナビ
全自動の資産運用がスマホだけで完結できるロボアドバイザー。目標を決めるだけであとは金融アルゴリズムが運用してくれる!

詳細はこちら