IPO当選者がやっている抽選回数を数倍に増やす方法とは? 資金が少なくても誰でも抽選回数を増やせる

IPO当選者は複数口座で申込している

IPOとは?

IPOとは、新規上場株のことで、新しく市場に上場する株のことです。

IPO株は上場前の抽選に当選した人だけが購入することができ、それを上場後に売却することで利益になります。

IPOで利益が出るまでの4ステップ

@ IPOを取り扱う証券会社の口座を開設する
A 資金を用意しIPOへ申し込む(資金不要の口座もある)
B IPOに当選したら購入する
C 上場したらすぐに売却する
取扱銘柄数
2023年
取扱銘柄数
2022年
2023年主幹事数
抽選方法
その他特徴
IPO抽選資金不要!

取扱銘柄急増中!

取扱銘柄急増中!

55本 61本 37本
0本 0本 0本
完全平等抽選
(一人一票)
完全平等抽選
(一人一票)
完全抽選
(一人複数票)
IPO申し込み時に資金不要。
当選が分かってからの入金でOK!
IPOの取り扱いが多い証券会社。
一人一票の完全平等抽選なので、
資金が少ない方でも当選するチャンスが大きい!
取引金額によって抽選回数が変わるステージ制の抽選。
IPOの取扱い数が急増中で今後の成長に期待できる

松井証券でキャンペーン実施中。
もれなくもらえる!

松井証券では現在、キャンペーンを実施中です。


マネックス証券でお得なキャンペーン実施中
もらえる!

マネックス証券では現在、キャンペーンを実施中です。
お得なこの機会にぜひ申し込んでおきましょう。



 

IPOはなぜ儲かるの?

IPOには新興企業が多いため成長余地が大きいことから大幅に値上がりする可能性があるためです。

また、IPOの購入価格(公募価格・売出価格)は割安に設定されるため、初めて上場したときに付ける値段、つまり『初値』で売却すれば大きな売却益を得られることが多いです。

2023年のIPO抜粋
銘柄 公募価格
(買った価格)
初値
(売れた価格)
利益
カバー(5253) 750円 1,750円 +100,000円
(1株当たり+1,000円)
アイデミー(5577) 1,050円 5,560円 +451,000円
(1株当たり+4,510円)
ジーデップ・アドバンス(5885) 4,510円 10,680円 +617,000円
(1株当たり+6,170円)
Japan Eyewear Holdings(5889) 1,360円 1,271円 -8,900円
(1株当たり-89円)
テクノロジーズ(5248) 1,000円 3,650円 +265,000円
(1株当たり+2,650円)

■2023年IPO勝率と全ての利益合計

IPO件数 104件
初値で値上がり 75件
初値で値下り 26件
初値で変わらず 3件
勝率 72.11%
全ての利益合計 842万円

2023年の全IPO銘柄のうち、約7割の銘柄で利益が出ています。

可能性としては低いですが、1年間でIPO株全てに当選して初値で売却した場合、842万円の売却益を得られたことになります。中には1銘柄で60万円以上の売却益が出たものがあるので是非当選したいところです。

IPOで大きな利益を得るためにはIPO抽選で当選することが重要!

IPO抽選で当選するためには、複数口座でIPO抽選に申込すれば抽選回数を数倍に増やすことができます。通常IPO申込には、申込分の資金を事前に預けておく必要があり、申込から上場まで2~3週間かかるためその間その資金を動かすことはできません。

しかし、中には資金を事前に預けておかなくても良い口座もあるので、当選しやすい口座と資金不要の口座を組み合わせて複数口座申込むことで当選倍率を数倍に増やすことができます。

IPOの抽選回数を増やすための戦略

@ 資金不要で申し込みできる3つの口座はすべて開設しておき、必ずIPOの申込をする
A まずは取扱件数が多いマネックス証券に資金を投入する
B 資金が余ったらSBI証券に資金を投入する
C 楽天証券は他口座と同一資金で抽選を受けられるので必ず開設しておく

事前入金が不要の証券会社「松井証券」


@抽選前に入金する必要なし!資金の用意は抽選結果を確認してからでOK

A70%以上完全抽選のため、IPOの抽選参加者全員が同じ確率のチャンスがある!

BNISA口座で申込が可能!大きな利益が狙えるIPOだからこそ非課税枠でスタート

CIPOに関わる手数料は無料!コストを抑えてIPO投資ができる

2024年最新IPOスケジュール

6月

   
申込期間 当選本数おすすめ口座
PostPrime 6/4~6/10 33,695本


WOLVES HAND 6/5~6/11 10,500本


タウンズ 6/5~6/11 242,535本


MFS 6/6~6/12 49,728本


豆蔵デジタル
ホールディングス
6/11~6/17 51,375本


ロゴス
ホールディングス
6/13~6/19 16,058本


PRISM
BioLab
6/17~6/21 46,000本


必ず作っておくべき資金不要でIPOの申込ができる3つの口座

IPOで当選確率を上げるためにまずやることは「資金不要で抽選できる口座」を作ることです。

資金不要の口座でおすすめの3社はこちらです。これだけでも抽選回数を大幅に増やすことができますね。

どの口座も無料で作成でき口座維持手数料などはかからないので必ず作っておきましょう。

証券会社 2023年
IPO件数
2022年
IPO件数
2021年
IPO件数
55本 56本
37本 47本
12本 5本

資金不要の口座でも当選したら入金が必要です。

入金を忘れるとIPO株の購入ができなくなってしまうので、忘れずに行いたいところです。

松井証券でキャンペーン実施中。
もれなく

松井証券では現在、キャンペーンを実施中です。


IPO取扱数の多いマネックス証券の口座で申し込もう

 

マネックス証券はIPO取扱数が多く、1人1票の完全平等抽選を採用している証券会社です。

SBI証券ののほかにマネックス証券の口座も用意しておけば、IPOの抽選に役立てることができますよ。

証券会社 2023年IPO件数 2022年IPO件数
(主幹事:0本) 61本(主幹事:0本)

マネックス証券のIPOの抽選方式は、どんなに資金を持っていても一人一票の「完全平等抽選」です。

資金を大量に持っている人が当選しやすいということはありませんので、すべての方に平等に当選のチャンスがあります。

参加するにはその分の資金が必要ですが、取扱数も多く当選するためには必要な口座の一つです。

マネックス証券でお得なキャンペーン実施中
もらえる!

マネックス証券では現在、キャンペーンを実施中です。
お得なこの機会にぜひ申し込んでおきましょう。



楽天証券は入金のタイミングが遅いため、ほかの口座と同一の資金で抽選可能

 
証券会社 2023年IPO件数 2022年IPO件数
(主幹事:0本) 65本(主幹事:0本)

楽天証券も特殊な抽選方法を採用している口座の一つです。

楽天証券が採用しているのは「後期型」と呼ばれる抽選方法で、抽選日がほかの証券会社よりも遅いことが特徴です。

そのため、ほかの証券会社で抽選を受けた後、落選だった場合はその資金を楽天証券へ移し抽選を受けるということが可能です。

追加の資金なしで抽選回数を増やせる口座なので忘れずに開設しておきましょう!

IPO1回分の資金で抽選回数を最大5倍に増やす具体的な戦略

IPOの抽選回数を増やすための戦略

@ 資金不要で申し込みできる3つの口座はすべて開設しておき、必ずIPOの申込をする
A まずは取扱件数が多いマネックス証券に資金を投入する
B 楽天証券は他口座と同一資金で抽選を受けられるので必ず開設しておく

IPOの抽選回数を最大6倍に増やすためには以下の表の5つの口座が必要です。

例として、参加するのに20万円(100株)が必要なIPOに資金20万円で参加する場合を見てみましょう。

抽選回数を増やすために必要な口座
抽選を受けるために必要な資金 口座 抽選回数
0円 1回
1回
1回
20万円 1回
1回
合計抽選回数
(必要資金)
5回
(20万円)

@まずは、IPOの抽選に資金が不要松井証券岡三オンラインDMM株で申し込みます。

A次にIPOの取扱数が多いマネックス証券へ資金を投入し抽選を受けます。

B次にマネックス証券と同じ資金で抽選できる楽天証券に資金を投入し抽選を受けます。

これで1回分のIPOに必要な資金で最大5社で抽選を受けられるようになります。

IPOの取り扱いがある場合は必ず申し込むようにしましょう。

さらに、IPO2回分の資金があるならばSBI証券でも申し込みを行うとさらに当選回数と確率を上げることができますね。

IPOに当選したいなら証券口座は複数持ちで当選確率を上げよう!

IPOは高確率で利益が出る魅力的な投資ですが、当選確率は高くありません。

そのため、なるべく多くの資金を用意し、口数を増やして抽選を受けることが理想です。

しかし、個人投資家では用意できる資金に限りがあるので、少額でも有利に抽選を受けられる口座を使うことが当選への近道といえます。

ぜひ、資金不要の口座(松井証券岡三オンラインDMM株)と資金の使い回しができる口座(楽天証券)を組み合わせ、抽選回数を増やし当選確率を高めていきましょう!

初めに作るべき最重要の口座
次に作るべき、資金が余った場合に使える口座
余裕があれば作るべき、IPOの取り扱いが多めの口座

松井証券でキャンペーン実施中。
もれなくもらえる!

松井証券では現在、キャンペーンを実施中です。


1日の株式約定代金50万円まで手数料無料!
創業100年の信頼がある老舗証券会社。
夜間取引(PTS)が追加の手数料なしで利用できる為、昼間に取引ができない方でも安心!
さらに、NISA口座なら売買手数料が常に無料!口座開設費や維持費用もかからないのでこの機会にぜひ松井証券で口座を開設しましょう。

手数料
(1日定額)
最低積立金額 信用取引 IPO
0円〜 100円〜
日経225ミニ 外国株 投資信託 特記事項
無期限信用取引可

一緒に読みたい記事

当サイト一押しの証券会社

demo

DMM 株
20万円以上の取引なら手数料が最安!取引額が大きい方におすすめで、2019年からIPOの取り扱いもスタートした証券会社です。

詳細はこちら

demo

SBI証券
国内株式個人取引シェアNo.1の大人気ネット証券会社!非常に安い手数料と投資商品の豊富さが魅力的です。

詳細はこちら

demo

松井証券
手数料が売買回数に関係なく50万円まで無料。 ロボアドや取引アプリが無料で使える。コストを抑えたい初心者におすすめの証券会社。

詳細はこちら

demo

ウェルスナビ
全自動の資産運用がスマホだけで完結できるロボアドバイザー。目標を決めるだけであとは金融アルゴリズムを元に自動で運用してくれる!!

詳細はこちら