《積立NISAは申込終了》 2024年スタート新NISAのやり方を解説。100円から積立可能な証券会社3選

2023年末で「つみたてNISA」「一般NISA」は新規投資、口座開設共に終了となりました。

旧NISA制度の後継として、「NISA」と「つみたてNISA」の2つを合わせて内容を強化した「新NISA」が2024年1月から始まりました

新NISAの要点を10秒で確認!

@ 新NISAは生涯で1,800万円まで投資できる
A 年間360万円まで投資上限額が引き上げられた
B 売却をするとその分翌年に非課税枠が復活
C 新NISAで30年間投資をすると約2,361万円の運用益が出る(月5万円/年利5%)
NISA・積立NISA
口座開設数NO.1


楽天証券


株、投資信託の
売買手数料

無料

無料
積立投資枠
対応商品数※1


投資信託銘柄数※2


NISA口座開設数※3
口座
口座
相性のいい銀行
楽天銀行
三井住友銀行
住信SBIネット銀行
相性のいい
クレジットカード

楽天カード
還元率0.5%

毎月15万円まで
ポイント進呈対象
※4

三井住友カード
還元率
毎月10万円まで
貯まるポイント
楽天ポイント
Tポイント
Vポイント
おすすめな人
楽天会員の人
とりあえずNISAを
始めたい人
 ※1:※2:※3:※4:楽天キャッシュとクレカ併用の場合


の新NISA積立設定期限
楽天証券で!

楽天証券はこんな人におすすめ!

@ 楽天ポイントを貯めている方(ポイントで投資可能)
A 楽天カードを持っている方(カードで積立可能)
B とにかく手数料を抑えて運用をしたい方
C 少額で始めたい方(100円から可能
D 楽天銀行で預金をしたい方(金利が5倍になる)

簡単!5分で完了

新NISAの概要

         
新NISA 現行NISA
一般NISA つみたてNISA
最大利用可能額 1,800万円600万円 800万円
年間投資上限額 360万円 120万円 40万円
非課税期間 無期限 5年間20年間
実施期間 2024年から恒久化2023年まで2042年まで

年間投資上限額の引き上げ



旧NISAではつみたてNISAが年間40万円、一般NISAが年間40万円でしたが、新NISAでは、つみたて投資枠で年間120万円成長投資枠で年間240万円まで上限が引き上げられました。

さらに、旧NISAではどちらかを選択する必要がありましたが、2024年からは併用が可能になり、年間360万円まで投資できるようになりました。

新NISAの非課税期間は無期限!ずっと税金がかからず運用できる


旧NISAでは一般NISAで5年、つみたてNISAで20年の非課税期間が設けられていましたが、新NISAではこれを撤廃。無期限で非課税となりました。

非課税枠の再利用が可能に


旧NISAでは保有している商品を売却しても非課税枠が復活することはありませんでしたが、新NISAでは非課税枠が復活し、再利用が可能になりました。

売却した分の枠は翌年に復活します。

枠を再利用しながら長期にわたり売買を繰り返すこともできるため、累計の投資額が1,800万円を超えてNISAを利用することが可能になりました。

投資対象商品はつみたてNISAや一般NISAとほぼ変わらない


※@整理・監理銘柄 A信託期間20年未満、こうレバレッジ型および毎月分配型の投資信託等を除く

新NISAでは旧NISAで投資できる商品とほぼ変わらずに国内株、米国株、投資信託などに投資することができます。


簡単!5分で完了

初心者の7割が選ぶ新NISA口座3選




積立投資枠
対応商品数※2
手数料無料の
投資信託本数※3
最低積立金額
積立頻度
NISAでの
IPO対応
サイトの
見やすさ
相性のいい
クレジットカード
ポイント投資
 
NISA口座
開設数NO.1
※1







100円〜 100円〜 100円〜
毎日,毎週,毎月 毎日,毎週,毎月 毎日,毎週,毎月
楽天カード
還元率0.5%
毎月15万円まで
ポイント進呈対象
※4
三井住友カード
還元率
毎月10万円まで
MATSUI SECURTIES CARD
毎月10万円まで

楽天ポイント
利用可能

Tポイント
利用可能

dポイント
PayPayポイント

等に交換可


 ※1:※2:※3:※4:楽天キャッシュとクレカ併用の場合

NISA口座開設数NO.1楽天証券の特徴

@ 積立投資枠の対応本数がトップクラス!
A 楽天会員なら口座開設手続きが約5分で完了
B 楽天カードで楽天ポイントがお得に貯まる!
C 1つのスマホアプリで国内株・外国株が取引できる
D 楽天銀行との連携「マネーブリッジ」で、普通預金金利最大5倍、最大0.1%
E 今なら



SBI証券の特徴

@ 積立投資枠の対応本数が
A 三井住友カード決済でVポイントが0.5%貯まる
B Tポイントが貯まる&使える!
C 1株単位の取引に対応
D 今なら



【銀行と新NISA】30年間積立したときの利益は?

ここでは、銀行の定期預金新NISAで運用期間30年間で月々「5万円」を投資した場合の30年後の利益を比較したいと思います。

シミュレーションの条件

@ 30年間毎月積み立てを行う
A 毎月一定額で積立

■銀行の定期預金(毎月5万円の預入額の場合

月々の預入額
(5万円の場合)
合計投資額 30年後の評価額 発生した利益
三菱UFJ銀行
1,800万円 18,002,693円
→年利0.001%
2,693円
三井住友銀行
1,800万円 18,005386円
→年利0.002%
5,386円
みずほ銀行
1,800万円 18,002,693円
→年利0.001%
2,693円

■新NISAの積立シミュレーション(毎月5万円、年利5%の場合


月々の積立額 合計投資額 30年後の評価額 発生した利益
5万円
1,800万円 約4,161万円 約2,361万円
3万円
1,080万円 約2,496万円 約1,416万円
1万円
360万円 約832万円 約472万円

3大メガバンクは年率が低く、運用益が30年間で5,000円前後しか得られません。それに対して、新NISAは投資した額の2倍以上の評価額になるため、初心者から見てもかなりお得なことが分かります。

投資は長期運用するほど大きな利益を得ることができます。ぜひ、可能な限り長期運用をしましょう。


簡単!5分で完了

新NISAのつみたて投資は楽天証券がお得!

楽天証券では、楽天カードの積立上限額がアップデートされ、新NISAの「つみたて投資枠」年間120万円(月額10万円)の全額をキャッシュレスで積立が可能になりました。


また、楽天キャッシュと併用すれば合計15万円全額がポイント進呈の対象となります。これは楽天証券だけの制度になっており、非常にお得につみたて投資ができます。

さらに、これまで0.2%だったポイント進呈率が0.5%(楽天カード)、0.75%(楽天ゴールドカード)、1%(楽天プレミアムカード)に2023年6月買付分から引き上げられたので、楽天証券で新NISA口座を開設しておくとよいでしょう。

楽天証券がおすすめな人


@ 楽天ポイントを貯めている方(ポイントで投資可能)
A 楽天カードを持っている方(カードで積立可能)
B 楽天会員の方(スムーズに口座開設可能)
C 少額で始めたい方(100円から可能)
D 楽天銀行で預金をしたい方(金利が0.1%になる)

楽天市場や楽天カードなど、普段から楽天のサービスを利用している方には「楽天証券」をおすすめします。

さらに今なら



「楽天証券」を選べば、手数料がかからず多くの商品から選ぶことができる

ネット証券口座の大手、「楽天証券」は、NISAに係る手数料が無料かつ非常に多くの商品から選ぶことができる口座です。

ただ商品数が多いだけでなく、初心者でも選びやすいコンテンツが充実しており、迷わずに選択することができるでしょう。

手数料は低いほど手元に残る利益は増えます。ぜひ楽天証券で資産形成を始めてみましょう!

取引手数料が最安水準の証券会社。
楽天ポイントを1ポイント1円として投資をすることも可能!

さらに、手数料から1%の楽天ポイントがキャッシュバックされるなど、手数料を徹底的に抑えたい方に最適な口座になっています。

手数料
(1注文)
手数料
(1日定額)
信用取引 IPO
0円 0円
日経225ミニ ミニ株 投資信託 特記事項
- 夜間取引可

当サイト一押しの証券会社

demo

マネックス証券
1注文単位の取引手数料の安さに加え投資情報やわかりやすい分析ツールが豊富で長く利用できる口座です。

詳細はこちら

demo

SBI証券
国内株式個人取引シェアNo.1の大人気ネット証券会社!非常に安い手数料と投資商品の豊富さが魅力的です。

詳細はこちら

demo

楽天証券
楽天ポイントで積立投資できる!トレードツールが人気! 楽天カードや楽天市場、楽天銀行を利用している方に、おすすめです。

詳細はこちら

demo

松井証券
手数料が売買回数に関係なく50万円まで無料。 ロボアドや取引アプリが無料で使える。コストを抑えたい初心者におすすめの証券会社。

詳細はこちら