LINE証券で株を買う方法を1から解説。これを見ればあなたも株式投資デビュー!

LINE証券の魅力

株式投資を始めたいけど、どのくらい資金が必要なのかわからない。どの口座が分からない。という方は多いのではないでしょうか?

そう考えている方はぜひ「LINE証券」から始めてみてはいかがでしょうか?

数百円から始められ、配当金や株主優待もしっかりと受け取ることができます。

そんな資産形成に役立つLINE証券の魅力や取引方法を解説していますので、ぜひ最後までご覧ください。

魅力@ 1株単位で売買できる

通常、株の売買は100株単位で行われます。しかし、LINE証券では100分の11株単位で売買可能です。

つまり株式投資を始めるのに必要な資金も100分の1になりますので、経験者はもちろん初心者の方にお勧めできる口座になっています。


LINE証券

PayPay証券

SBI証券
1株単位の売買

魅力A 取引手数料が安い

1株単位の売買でもわずか0.2%〜0.5%の手数料で取引できます。

手数料は銘柄により異なり、人気の銘柄ほど手数料が安くなります。

さらに、定期的に手数料が無料になるタイミングが存在しており、12月上旬現在は毎週水曜日の午後が手数料無料です。


LINE証券

PayPay証券

SBI証券
取引手数料

0.2%〜0.5%

0.5%

0.55%
手数料の割引

あり

なし

なし
※平日取引時間内の場合

魅力B LINEアプリから気軽に取引できる

LINE証券のトーク画面からLINE証券の取引ページに行くことができる

LINEを使っている方は新たにアプリをインストールする必要はなく、LINE証券のトーク画面から取引画面へ移ることができます。

操作性や視認性も高い

取引アプリのデザインは緑色を基調としたシンプルなものになっており、やりたいことをすぐできるデザインだと感じます。

テーマ別(配当・優待、好業績、投資家から人気)などで探すことができるから、ほしい株が見つかりやすいのも使いやすさの要因の一つです。


LINE証券

PayPay証券

SBI証券
専用の取引アプリ

魅力C 即時売買ができる

1株単位で売買できる口座は、「○時までに手続きをすれば○時に購入」といった感じで購入までにタイムラグがあることがデメリットになっていました。

そのため、現在の価格と離れた価格で売買することになる可能性が高いです。

LINE証券はそのデメリットを克服しており、売買は即時に完了するようになっています。


LINE証券

PayPay証券

SBI証券
即時売買

可能

可能

不可

魅力D IPOの取り扱いが多い

IPOでは新しい株を上場する前に購入することができます。競争率が高いため、事前の抽選で当選した方のみ購入できます。

限られた方のみが株を購入できるため、IPO株は「需要>供給」の状態となります。そのため上場した後にすぐ株を売ることで利益を得ることができます。

2020年のIPOでは75%の銘柄で利益が出ました。発生した利益の平均は購入価格の2.3倍にもなります。


LINE証券

PayPay証券

SBI証券
IPOの取り扱い

多い

少ない

非常に多い

LINE証券で株を買う手順@ 口座開設

まずは取引を行うための口座を開設しましょう。

開設方法は以下のページでスクリーンショット付きで解説しています。

LINE証券で株を買う手順A 入金

LINE証券への入金方法は3つ

口座開設が完了したらまずは入金を行いましょう。

入金方法は3つありますが、お勧めは手数料がかからない「LINE Pay」もしくは「クイック入金」です。

私はLINE Payを利用していたので、これで入金を行いました。
手続きから入金まで時間がかからないので、すぐに取引を始めることができました。

LINE Pay クイック入金 銀行振込
対応銀行 各メガバンク
地銀
ネット銀行
コンビニ入金
LINEポイント
ゆうちょ銀行
三菱UFJ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
住信SBIネット銀行
楽天銀行
PayPay銀行
国内すべて
手数料 無料 無料 銀行の振込手数料
残高反映までの時間 即時 即時 数分

入金方法@ LINE Pay

LINE Pay残高からLINE証券へ入金可能です。

また、LINEポイントを1ポイント=1円として使用することもできます。

LINE Payへの入金方法

@ 銀行口座
A セブン銀行ATM
B コンビニ(LINE Payカード)
C Famiポート
D LINEポイント

入金方法A クイック入金

大手銀行から手数料無料即時入金が可能です。

LINE Payを使っていない方にはこれがおすすめ。

入金方法B 銀行振込

国内ほぼすべての銀行で利用可能です。

振込手数料を負担する必要があります。

LINE証券で株を買う手順B 購入

入金が完了したらいよいよ株の購入です。

LINE証券では簡単に購入することができます。

@購入したい株を選ぶ

まずは購入したい株を選びましょう。
今回私は、配当金が多い「コニカミノルタ」を選択しました。LINE証券では「配当が高い株」「優待がある株」など株を紹介しているコンテンツも豊富ですので、選ぶのには困らないかと思います。

A「1株から購入する」を選ぶ

LINE証券では100株単位と1株単位の両方で売買が可能です。
今回は少額で取引を行いたいので、「1株から購入する」を選択しました。

B購入したい株数を入力する

次に購入したい株数を決めましょう。
左側の「購入価格」の周りに緑色の円があるのが分かるかと思います。これがなくなるまでは価格が固定され、ボタンを押した瞬間に購入ができます。

C購入完了!

ボタンを押せばすぐに購入が完了します。
購入した株はポートフォリオに表示されます。今回だけでなく定期的に購入して、あなたの資産をどんどん増やしていきましょう。

1株単位の売買ならLINE証券がおすすめ!


LINE証券

PayPay証券

SBI証券
1株単位の売買
取引手数料

0.2%〜0.5%

0.5%

0.55%
手数料の割引

あり

なし

なし
専用の取引アプリ
即時売買

可能

可能

不可
IPOの取り扱い

多い

少ない

非常に多い

キャンペーンで誰でも4,000円もらえる

口座開設後、簡単なクイズに1問正解するだけで4,000円をもらうことができます。

さらに、1万円分株を購入すると1,000円もらえるキャンペーンもありますので、ぜひこの機会に株式投資を始めましょう。

手数料が安い

LINE証券では1株単位でもわずか0.2%〜0.5%の手数料で売買可能です。

また、セールで手数料が0円になることも多く、例えば12月上旬現在、毎週水曜日の12時半〜15時は手数料が無料になります。この時を狙って売買を行えば手数料は完全無料になります。

数百円〜数千円で始められる

1株で売買できるので、通常の100分の1の資金の数百円〜数千円で始めることができます。

即時売買ができる

LINE証券では1株単位の売買の場合でも購入・売却ボタンを押した瞬間に売買が成立します。

[an error occurred while processing this directive]

一緒に読みたい記事

当サイト一押しの証券会社

demo

DMM 株
20万円以上の取引なら手数料が最安!取引額が大きい方におすすめで、2019年からIPOの取り扱いもスタートした証券会社です。

詳細はこちら

demo

SBI証券
国内株式個人取引シェアNo.1の大人気ネット証券会社!非常に安い手数料と投資商品の豊富さが魅力的です。

詳細はこちら

demo

松井証券
手数料が売買回数に関係なく50万円まで無料。 ロボアドや取引アプリが無料で使える。コストを抑えたい初心者におすすめの証券会社。

詳細はこちら

demo

ウェルスナビ
全自動の資産運用がスマホだけで完結できるロボアドバイザー。目標を決めるだけであとは金融アルゴリズムが運用してくれる!

詳細はこちら