投資をするならニュースのチェックは絶対に外せない!話題のニュースと関連株チェックしやすいサイトとは

投資に情報収集は欠かせない?

株式投資は、まず投資したい銘柄選びが重要です。銘柄選びには企業決算や企業の業績予想を読み解くことが重要で、財務諸表に精通しているなら別ですが、自分で個別銘柄決算情報を読み分析するのは難しいでしょう。また、株価は先行指標といって、今発表されている情報で株価が動くのではなく、市場予想など半年~1年程度近い将来の業績予想で動きます。そのため、発表された情報よりも証券アナリストなどその企業分析を専門に行うプロからの情報を読むことも大切です。

また、銘柄選びはもちろんですが売買タイミングをはかることも重要です。短期売買であれば、株価の値動きをグラフにしているチャートを分析することが必要ですが、中長期での投資なら企業の業績予想に加えて経済全体の状況を掴むことも大切です。

株主優待や配当目的で長期投資しているから売らないと思う方もいるかもしれませんが、リーマンショックやコロナショックのように、経済は5年~10年に一度は後退し、大きな下落があることもあります。高いタイミングでは売却して、大きく下落した局面では買うというように、長期保有でも売買タイミングをはかることも、株式で利益を得るコツとなります。

売買タイミングが分かるには、「今が高い水準である」「今は底を付いているから買い時(株価の下落が止まりこれ以上下がらないだろうという水準)」が分かることも必要です。これを相場感といいますが、初心者の方で身に付けるのは難しいかもしれません。

それには、日本経済新聞を毎日読むのがおすすめですが、経済用語を知らない方には読むのが嫌になったり継続が難しかったりするかもしれません。

そこでおすすめなのが、楽天証券の「トウシル」です。

「トウシル」とは?初心者の方でも読みやすい投資情報サービス

「トウシル」は、分かりやすく、欲しい情報が手に入る、楽天証券の投資情報メディアです。楽天証券のホームページまたは「トウシル」で検索すれば、楽天証券の口座がなくても、スマホやパソコンからいつでも見ることができます。

「トウシル」の記事は、1つの記事あたり1,000文字程度の3分程度で読めるようになっています。特に、初心者向けの投資入門編の記事では、味のある絵とともに分かりやすく投資について知ることができます。

一方で、最新情報も充実しています。

最近では、新型コロナウィルスによる株価下落に関連するFRBや日本銀行の政策、日経平均はいつ反転して上がるのか等の記事が掲載されています。

このようなニュースは、毎日のニュースや新聞にも掲載されていることです。しかし、ニュースだけみて、日銀はなぜアメリカのような金利を下げずにETF買入れを行ったのか? アメリカはゼロ金利にしたことでこれ以上金融緩和できないのはなぜか? 分かるでしょうか。

「トウシル」では、最近起きた経済ニュースに関して、しっかり分かりやすく解説してくれ、事象が起きた当日中には記事がアップされます。したがって、ニュースを見るだけでその裏にある情報や理由が分からない場合は、「トウシル」で勉強できます。しかも、3分程度で読める分かりやすいなので、誰でも理解することが可能です。

さらに、投資だけでなく、お金に関する情報も豊富です。 具体的に掲載されている記事を簡潔に紹介しましょう。

生活に役立つ「トウシル」

「トウシル」は、投資情報として役立つ情報も満載ですが、お金に関する身近な生活に役立つ情報も豊富です。

■[月間]ふるさと納税ニュース
毎月旬の返礼品や新着の自治体等のふるさと納税に関する最新情報を紹介しています。

■ふるさと納税人気ランキング
ふるさと納税の返礼品で人気のランキングトップ10を画像付きで紹介しています。知らなかった人気返礼品知るチャンスです。

■ふるさと納税失敗談
ふるさと納税は、収入に応じた寄付上限額までの寄付なら、自己負担2,000円で寄附金額の30%程度の返礼品を受け取れる制度です。いざ、ふるさと納税を利用しようとして失敗すると、自己負担額が2,000円で済まないケースもあります。こちらで、失敗談を学んで正しい方法で寄付をしましょう。

■「暦年贈与」制度の概要と相続対策としての使い方
毎年110万円までの贈与なら税金がかからない「暦年贈与」は、うまく使えば節税効果があります。その節税方法について詳しく紹介しています。

■なぜ米国人は私的年金1,000万円を作ることができるのか?
日本で老後資金2,000万円問題が取り沙汰されたように、公的年金制度があっても老後安心して暮らせるとはいえません。米国人がなぜ自分で豊かに暮らせるぐらいの老後資金を用意できているのか、詳しく解説しています。

お金は、いつも預貯金に預けているだけ、運用といっても定期預金や年金保険に加入するぐらいという方も、低金利になっている日本では、それだけでは増やせなくなっています。
節税やお金をお得に貯める方法、資産形成方法を「トウシル」で学んで、お金についてきちんと考えましょう。

他社の情報サイトとの比較

他社証券でも、今ネットで投資について学べる情報サイトを

  SBI証券 楽天証券
「トウシル」
マネックス証券
「マネクリ」
字の大きさ 小さい 大きい 大きい
文字数 多い 少ない 多い
絵や画質 少ない 多い 少ない
投資入門記事
個別銘柄分析
記事から銘柄遷移 × ×
メールマガジン × ×

大手ネット証券3社で比較すると、経済用語を知らない方でも分かりやすく、短文で読みやすい点でいうと、「トウシル」が圧倒的でしょう。また、トウシルで紹介された個別銘柄は、個別銘柄名をクリックまたはタップするとそのまま詳細情報へ遷移することができ、決算情報や四季報、配当利回り等、さらに詳しい情報を見ることができます。そして、楽天証券の口座があればそのまま買付することも可能です。

一方、SBI証券は、銘柄分析やマーケット情報が充実しており、投資経験があり、経済用語精通していれば情報収集に最適です。また、初心者の方でも本格的に学びたいなら、SBI証券の「株式ゼミナール」で「前場(ぜんば)」等の専門用語から「板寄方式」等株価の形成方法まで詳しく解説されています。
マネックス証券も一記事あたりの文字数が多く、専門用語が多いため、本格的に情報収集したい方に最適です。

「トウシル」は、楽天証券の口座がなくても見ることができます。ただ、メールを登録すると、最新情報を毎日手に入れることができるメールマガジンサービスには、口座解説が必要です。
口座開設には手数料がかからないので、是非開設しておくと良いでしょう。
また、情報収集だけでなく、投資を始めるとしても楽天証券がおすすめです。

株式投資なら楽天証券!

楽天証券は、楽天グループで貯めたポイントを株式購入代金に充当して投資することができ、利益が非課税になるNISA口座での取引なら株式取引手数料が無料になります。

<ネット証券大手3社>

  投資初心者向き NISAでの株式取引手数料 ポイント制度 ポイントからの株式投資
楽天証券 無料 楽天スーパーポイント
SBI証券 無料 Tポイント ×
マネックス証券 無料 マネックスポイント ×

1. 「トウシル」で最新情報を手に入れられる。初心者にも優しい記事が豊富

せっかく投資情報を収集したり、投資の勉強をしようと思っても、耳慣れない専門用語が並んでいたり、文章が小さく長いと勉強する気もなくなってしまったり、理解することもできません。

楽天証券の「トウシル」なら、株式市場に関する最新情報に加えて、初心者の方にも理解できる「株主優待銘柄について」、「投資入門」「人気ブロガーのマネー術」等まで投資初心者が知っておきたい情報が満載です。記事にある関連銘柄に投資したくなれば、そのまま銘柄をクリックすれば、銘柄の詳細情報を見ることでき、そのまま買付することも可能です。

メールマガジン登録すれば、定期的に「トウシル」の最新情報がメールで確認できます。気になる情報があればタップして遷移して、詳しく読むことができます。また、メールだけでなく、twitter、Facebook、LINEでも受けとることができます。

2.楽天スーパーポイントで投資ができる

楽天スーパーポイントは、楽天市場などの楽天グループ利用時、マクドナルドなどの楽天スーパーポイントが貯められる実店舗でのポイントカード提示、楽天カードでの決済で貯めることができるポイントです。その貯めたポイントを1ポイント→1円として株式購入代金に充当することができます。

2. NISA口座なら取引手数料が無料

<NISA口座とは?>

  一般NISA
年間投資限度額 120万円
運用期間 最長5年間
投資可能商品 株式、ETF、REIT、投資信託等
資金の引き出し制限 なし
非課税対象 売却益、配当金、分配金
投資可能期間 2023年まで

NISAとは、株式や投資信託等で得られた利益にかかる税金が非課税になる口座です。
通常は、株式での売却益や配当金には20%の税金がかかりますが、証券会社の証券口座とは別にNISA口座をつくります。その口座の中での取引で得た利益には税金がかかりません。投資可能期限は2023年となっていますが、延長予定となっています。

楽天証券のNISA口座での取引なら、非課税になる上に、取引にかかる手数料が無料になり、お得に取引できます。

4.楽天グループ連携でさらにお得!

楽天証券を楽天銀行と連携させる「マネーブリッジ」に登録すると、楽天銀行の普通預金金利が大手銀行の100倍の0.1%になり、楽天証券の購入代金を銀行から振替したり振り込んだりしなくても楽天銀行にある資金で投資することができるため、煩雑な入金手続きが不要になります。 「トウシル」の記事を読んで、関連銘柄をクリックしてそのまま銘柄買付する場合でも、楽天銀行にお金が入っていれば、「お金がない」「銀行から入金しなきゃ」ということがなく、そのまま買付することができます。

また、楽天証券で【楽天スーパーポイントコース】に設定し投資信託を500円以上、ポイントを1ポイント以上使用して投資すると、楽天市場のポイント倍立が+1倍になったり、楽天カードの引き落としを楽天銀行にするとさらに+1倍になったりと、楽天市場で買い物する方は、楽天証券を利用すればするほどお得になります。

投資経験がない方は、楽天証券の「トウシル」でまず株式について勉強してみて、段々慣れきたら投資を始めてみましょう。「トウシル」でも、投資について勉強するよりも、まず始めてみてから勉強する方が身につくといっています。やはり、少額でも、楽天スーパーポイントのみの投資でも、実際に投資することで「トウシル」の見方も変わってきます。是非、口座開設してみて、できればポイントからでも良いので投資を始めてみましょう。今投資するなら、NISA口座での投資がおすすめです。NISA口座は楽天証券口座開設手続きで同時に開設できるので、まず手続きしてみましょう。

取引手数料が最安水準の証券会社。
楽天ポイントを1ポイント1円として投資をすることも可能!

さらに、手数料から1%の楽天ポイントがキャッシュバックされるなど、手数料を徹底的に抑えたい方に最適な口座になっています。

手数料
(1注文)
手数料
(1日定額)
信用取引 IPO
99円〜 0円〜
日経225ミニ ミニ株 投資信託 特記事項
- 夜間取引可

一緒に読みたい記事

当サイト一押しの証券会社

demo

DMM 株
20万円以上の取引なら手数料が最安!取引額が大きい方におすすめで、2019年からIPOの取り扱いもスタートした証券会社です。

詳細はこちら

demo

SBI証券
国内株式個人取引シェアNo.1の大人気ネット証券会社!非常に安い手数料と投資商品の豊富さが魅力的です。

詳細はこちら

demo

松井証券
手数料が売買回数に関係なく50万円まで無料。 ロボアドや取引アプリが無料で使える。コストを抑えたい初心者におすすめの証券会社。

詳細はこちら

demo

ウェルスナビ
全自動の資産運用がスマホだけで完結できるロボアドバイザー。目標を決めるだけであとは金融アルゴリズムが運用してくれる!

詳細はこちら