ソフトバンク株の配当や株主優待、今後の展望について解説。ソフトバンク株の配当利回り5.6%は高い?

楽天証券
 楽天証券
spec-home-img

手数料(10万円)

99円(税込)

NISA

NISA売買手数料

無料

ポイント投資

ソフトバンクグループ?ソフトバンク?ソフトバンク・テクノロジー?

2018年ソフトバンク(9434)公募価格割れの上場

ソフトバンク(9434)は、携帯会社でソフトバンクグループの子会社で、2018年12月19日、公募価格1,500円にて募集され、上場しました。
このときの相場状況は悪く、カナダ当局が米国の要請に基づいて中国通信大手の華為技術(ファーウェイ)の副会長兼最高財務責任者(CFO)を逮捕したことで米中対立が深まり、日経平均が大きく下がった時期でした。
そして、そんな中で上場したソフトバンクは、初値1,463円と公募価格を37円割って上場しました。その後も公募価格を上回ることなく推移しましたが、約8ヶ月後の8月14日に初めて公募価格を上回りました。

親子上場

ソフトバンク(9434)は、ソフトバンクグループの子会社で、親であるソフトバンクグループ(9984)自体も上場しています。さらに、ソフトバンクグループの子会社である、ソフトバンク・テクノロジー(4726)、ヤフー(4689)も上場しています。その他に、ベクター(2656)、アイティメディア(2148)、バリューコマース(2491)、アスクル(2678)なども上場しています。

親子上場で問題になるのが、株主です。

例えば、親子間で事業譲渡があったときに、親会社の方の利益が大きくなるように譲渡されてしまうと、子会社の株主は不利益を受けてしまいます。つまり、親子双方の株主に利益相反が起こり、子会社株主が不利益を受ける場合があります。

一方、親会社の株主は子会社が100%子会社であれば利益を全て総取りできますが、上場していることで利益が子会社株主に還元されてしまいます。また、子会社が上場していることで、親会社株主と子会社株主という資本市場から親子で二重取りの資本を集めていることにもなります。

親子上場しているのは他にも、NTTとNTTドコモ、日本郵政とかんぽ生命・ゆうちょ銀行も同じです。長期で親子上場し続けるのではなく、完全子会社化するか別会社にするか、子会社を独立させるように社外取締役の比率を上げるなどの企業統治が必要とされます。

ソフトバンクグループとソフトバンクグループ子(孫)会社の株主優待・配当について

■ソフトバンクとソフトバンクグループの株
(株価は2019年9月11日終値)

会社(銘柄コード) 株価 配当利回り 株主優待
ソフトバンク(9434) 1,506.5円 5.64% -
ソフトバンクグループ(9984) 4,677円 0.94% -
ソフトバンク・テクノロジー(4726) 2,037円 0.98% -
ヤフー(4689) 298円 2.97% -
ベクター(2656) 288円 - 休止中
アイティメディア(2148) 701円 1.43% -
バリューコマース(2491) 1,684円 1.62% -
アスクル(2678) 2,948円 1.24% -

ソフトバンクグループには、もともと株主優待があり、ソフトバンク携帯電話株主優待、ワイモバイル携帯電話株主優待、インターネット株主優待と3つの内容がありましたが、2019年3月を最後になくなってしまいました。

ソフトバンクグループの中では、ソフトバンクの配当利回りが5.64%と突出して高くなっています。

それぞれ子(孫)会社の事業内容

【子】ソフトバンク(9434)

ソフトバンクグループ中核の携帯会社で、ソフトバンク・ワイモバイルを展開。

【親】ソフトバンクグループ(9984)

投資会社として10兆円ファンドを運用。傘下にソフトバンク、ヤフー、英ARM、持分法に中国アリババ。

【孫】ソフトバンク・テクノロジー(4726)

ソフトバンクの子会社。企業や官公庁向けのクラウドや運用・監視のセキュリテイ。

【孫】ベクター(2656)

ソフトバンクの子会社。オンラインゲームの運営・販売・マーケティング、パソコン用ソフトウェアのダウンロード販売、広告販売。ソフトバンクとの業務提携により本格再建中。

【子】アイティメディア(2148)

ソフトバンクグループ子会社。IT系ネットメディア運営。各種広告展開。

【子】ヤフー(4689)

ソフトバンクが子会社化することを公表済で、ソフトバンクグループの孫会社になる予定。ネットサービス、ネット広告、EC、決済などの金融事業も参入。

【孫】バリューコマース(2491)

ヤフー子会社。アフェリエイト(成果報酬型)広告で首位。

【孫】アスクル

ヤフーの子会社。ヤフーと個人向けEC「ロハコ」で連携。

このように、ソフトバンクグループは、中核事業はソフトバンク携帯であるものの、巨大な投資会社として、ITやAIに関する巨大投資ファンドを形成しています。

ソフトバンク株の今後は?

ソフトバンク(9434)は、上場後2019年8月14日に初めて公募価格を上回りました。その後は営業利益とともに順調に上がっています。また、高配当なのが魅力的です。
今後、政府による携帯電話料金引き下げによる利益圧迫は避けられないと考えられますが、ソフトバンクには、5Gを始め以下のような今後の株価上がり要因があります。

5G(第5世代移動システム)実用化

5Gとは?
5Gは、「超高速」「大容量」「高信頼」「低遅延」「多接続」などの特長があり、実用化されれば、AI、IoT、コネクテッドカー、ロボット、VRなどの技術に応用され、日常生活が革新的に便利になります。例えば、自動運転技術、現実と仮想現実が融合するMR、ドローンによる宅配便、IoTによる家庭の食材などのストック管理などが実現される可能性があります。

自動運転技術では、トヨタ自動車と戦略的提携に合意し、「MONET Technologies(モネ テクノロジーズ)」を設立し、2020年代半ばまでに、トヨタのモビリティサービス専用次世代電気自動車を活用して、移動中に料理を作って宅配するサービスや移動型オフィスなどのサービスを提供予定です。

フィンテック加速

ソフトバンクは、スマホ決済サービス「PayPay」をソフトバンクやYahoo!ウォレットの顧客基盤、インド最大の決済サービス事業者であるPaytmの決済ソリューションを活用して、ユーザー数と加盟店数で第1位を目指しています。

また、みずほ銀行と合弁で、複数の質問に答えて、個人の信頼性を算出し、個人それぞれに応じた金額で融資するサービスを行なっています。

日本でのクラウド事業シェア拡大

ソフトバンクと中国アリババグループの合弁会社であるSBクラウドは、パブリッククラウドサービスを提供しています。現在クラウドの日本市場は、米アマゾンドットコム51.8% 、米マイクロソフト13.3%、中国アリババ4.6%、米グーグル3.3%とアマゾンドットコムの独壇場となっています。SBクラウドは2016年12月からサービスを展開して、サービス拡大予定となっています。

さらに、ソフトバンクは、ヤフーを子会社化し、ヤフーと連携強化することで、新領域となるPayPayなどのフィンテック、ビッグデータによるビジネスの拡大を目指すようです。
既存の携帯電話などの通信事業はパイが限られており、成長は頭打ちとなっていますが、ヤフーの持つサービスのノウハウや開発力、ビッグデータの活用で、ソフトバンクが目標とする「営業利益1兆円企業」も夢ではないかもしれません。

影響が大きいソフトバンクグループ

ソフトバンクバンクグループは、2019年8月7日に発表した4~6月期連結決算で、純利益が前年同期3.6倍の1兆1,217億円となり3ヶ月間の純利益では日本企業最大でした。アリババ株の売却に伴う1.2兆円の利益計上によるもので、孫正義会長兼社長は、第2号ファンドとしてITに関係した投資を行うことも公表しており、孫会長は以前発展途上だったアマゾンにも目をつけていたこともあり、その時は金額が折り合わず断念することとなりました。このように、孫会長による出資は、今後もソフトバンクグループに大きな利益をもたらす可能性が高いといえるでしょう。

ソフトバンク株を買うなら楽天証券

■証券会社比較(税込)

  ~10万円 ~20万円 ~50万円 NISA対応 NISA取引手数料 ポイントで株投資  

楽天証券
99円 275円 無料
10月28日から

SBI証券
99円 115円 275円 無料 ×

SBIネオモバイル証券
220円
(200ポイント還元)
220円 220円 × -

DMM株
88円 106円 198円 無料 ×

マネックス証券
99円 115円 275円 無料 ×

手数料が安い!

楽天証券株式取引手数料はネット証券で最低水準の手数料体系となっています。また、株式投資で得られる利益が非課税になるNISAでの取引なら、国内株式取引手数料が無料になります。

楽天ポイントで株投資ができる

2019年10月28日から大手ネット証券初のポイントでの株投資が始まります。

楽天市などの楽天グループ、マクドナルドなどの楽天ポイントが貯められる実店舗、楽天カードの利用代金の1%に付与される楽天ポイントで、1ポイント→1円として株式の購入代金と手数料に充当することができます。 また、ポイントからの株式購入でもNISA口座で非課税にて取引することができます。

投資情報が充実

無料動画セミナーや投資についての情報「トウシル」など株投資が初めての方でも、分かりやすい情報が抱負です。また、日経テレコンや会社四季報などの企業情報も無料で読むことができます。本格的なチャートが見れる取引ツールの『マーケットスピードU』は条件なしで無料利用することができるので、本格的に始めたい方にも最適です。

楽天グループ連携でさらにお得!

投資信託の積立を楽天カード決済にすることができるので、投資資金にもポイントが付与されます。さらに、その貯めたポイントで投資信託を買うことも可能です。

そして、楽天銀行と連携させる「マネーブリッジ」に登録すると、楽天銀行の普通預金金利が大手銀行の100倍の0.1%になり、楽天証券の購入代金を銀行から振替たり振り込んだりしなくても楽天銀行にある資金で投資することができるため、煩雑な入金手続きが不要になります。

また、楽天証券で【楽天ポイントコース】に設定し投資信託を500円以上、ポイントを1ポイント以上使用して投資すると、楽天市場のポイント倍立が+1倍になったり、楽天カードの引き落としを楽天銀行にするとさらに+1倍になったりと、楽天市場で買い物する方は、楽天証券を利用すればするほどお得になります。

楽天証券でお得に株を買いましょう

楽天証券は、手数料も安く、ポイントが貯まりやすい上そのポイントで株式に投資することもできます。さらにNISA口座であれば取引手数料無料で税金もかかりません。特に楽天市場利用の方ならポイント倍率が上がるので、是非楽天証券でお得に株式を購入しましょう。

取引手数料が最安水準の証券会社。
楽天ポイントを1ポイント1円として投資をすることも可能!

さらに、手数料から1%の楽天ポイントがキャッシュバックされるなど、手数料を徹底的に抑えたい方に最適な口座になっています。

手数料
(1注文)
手数料
(1日定額)
信用取引 IPO
99円〜 0円〜
日経225ミニ ミニ株 投資信託 特記事項
- 夜間取引可

一緒に読みたい記事

当サイト一押しの証券会社

demo

DMM 株
20万円以上の取引なら手数料が最安!取引額が大きい方におすすめで、2019年からIPOの取り扱いもスタートした証券会社です。

詳細はこちら

demo

SBI証券
国内株式個人取引シェアNo.1の大人気ネット証券会社!非常に安い手数料と投資商品の豊富さが魅力的です。

詳細はこちら

demo

松井証券
手数料が売買回数に関係なく50万円まで無料。 ロボアドや取引アプリが無料で使える。コストを抑えたい初心者におすすめの証券会社。

詳細はこちら

demo

ウェルスナビ
全自動の資産運用がスマホだけで完結できるロボアドバイザー。目標を決めるだけであとは金融アルゴリズムが運用してくれる!

詳細はこちら