「株取引」に挑戦したいと思ってはいても、初めての取引ということで、心配がよぎってしまう方は、そばに経験者がいれば安心しませんか?
松井証券はあなたに寄り添い、株取引や資産運用に手厚いサポートがあります。
株取引や資産運用に対し、松井証券はどのような特徴とサポートがあるのかを聞いてみました。

利用者から見る松井証券の良さは実は盛りだくさん?

― 松井証券にはどんな特徴がありますか?

川崎氏:松井証券は、【投資をまじめに、おもしろく。お客様の豊かな人生をサポートする証券会社】です。投資を通じて投資を体験いただき、おもしろさを感じて豊かな人生を歩んでいただきたいと思っております。初めて投資をする方もすでに投資を始めている方も、証券会社を選ぶときは『スペック』というところに目がいきがちです。 しかし、弊社はお客様の体験の価値というところに重きを置いて、サービスを提供しております。弊社独自といえば『サポートに力を入れている』ことがあげられます。

― サポートに力を入れているというお話を詳しく教えてください。

川崎氏:まず弊社では初めてお取引をする方に向けた「松井証券リモートサポート」があり、パソコン画面を共有して操作方法を説明する無料のサービスがあります。 パソコンの操作が心配な方はもちろん、取引画面は開けるものの、どう進めていいのかわからないという方も安心していただけます。

― 本当に初めて取引を行うという方には心強いサポートですね

川崎氏:ありがとうございます。 そのほかにも弊社では株式投資をサポートする専門ダイヤル「株の取引相談窓口」をはじめ、為替変動が大きい時間帯や米国株市場の取引時間である早朝・深夜帯(24時まで)も電話と有人チャットでお客様をサポートする「米国株サポート」「FXサポート」、さまざまなご質問に24時間365日対応するAIチャットなど、お客様のニーズに合わせたサポート体制を整えておりますが、いずれも専門性の高い研修をうけた専門スタッフが対応しています。

画像元/https://www.matsui.co.jp/support/contact/consultation/

特に「株の取引相談窓口」では、専門の相談員がお客様一人ひとりのご希望や投資のスタンスを聞きまして、専門的かつ客観的にお客様の意思決定をサポートしています。 日本株や米国株のお取引で「銘柄の探し方」や「売買の材料探し」「取引タイミング」など迷いやすいところをぜひご相談していただきたいです。 相談窓口は「電話を待つ」というイメージがあると思いますが、完全予約制(WEB・お電話にてご予約)ということもあり、お電話をお待たせする心配がありません。 予約受付時間は平日8時30分から17時までとなっています。

画像元/https://www.matsui.co.jp/support/contact/consultation/

また、HDI-Japan(ヘルプデスク協会)が主催する「HDI格付けベンチマーク」2023年【証券業界】において、松井証券は最高評価の「三つ星」を13年連続で獲得しています。対応の良さには自信を持っております。 弊社では相談窓口以外にも、オペレーターがチャットでサポートするサービスもあります。 日本株、入出金、口座開設、NISA、iDeCo、投資信託、先物・オプションなどについては平日8時30分から17時まで、米国株とFXの方は平日7時から24時まで対応しています。

― 専門知識のある方に銘柄や取引のタイミングなどを相談できるって、初心者をはじめ利用者にはとても心強いサービスですね。チャットサービスも取引時間に合わせて利用できるんですね。

川崎氏:取引の相談というのはできない代わりに、手数料が安いというところで証券口座を選ばれる方ももちろんいらっしゃいます。使いやすければ良いと思いますが、松井証券はこのように独自のサービスで利用者様を大切にし、お客様の豊かな人生をサポートする証券会社でありたいと思っています。 サポート体制が万全であるという特徴を先にお話しましたが、弊社では多くの特徴がありますのでご紹介いたします。

<オトクなサービスが充実>
・1日50万円まで取引手数料無料
・NISAなら手数料無料
・貸株サービス
・移管手数料負担サービス
・好金利のMATSUI BANK
・特殊注文で利確・損切のタイミングを逃さない

<手軽>
・スマホでいつでも取引できる
・開設、入金、取引の手間の少なさ
・オンラインで取引まで完結
・IPO/PO(事前入金不要で手軽)
・優待クロス注文
・スイープ入金対応

<安心>
・電話やチャットでサポート
・経営基盤が安定している
・セキュリティの強度が高い
・システムの安定
・利用者が多い

<発見・成長>
・株の取引相談窓口で取引の相談ができる
・動画で学べる
・情報ツールの充実(四季報が無料など)
・新興市場で人気の銘柄が売れる  (プレミアム空売り)

― 盛りだくさんですね!
表にある1日50万円まで取引が無料というのはどんなメリットがあるのかについて教えて欲しいです。

川崎氏:多くの銘柄が今単元の株数が100株単位になっており、株数かける100株、これで最低金額が各銘柄出せるんですけれども、そちらで考えますと、基本的に50万円というのは日本株の銘柄の中で9割以上の銘柄を最低買うことができるというところです。 1日50万円以下は無料という体系でお客様にサービスを提供しているので、投資のハードルを下げていると言え、利用者様にもメリットがあります。 また25歳以下の人は、約定代金にかかわらず手数料が無料ですので、早くから取引を始めたい方にも松井証券はおすすめですね。

― 取引ではセキュリティに関して気になる方もいると思うのですが、その点はどうでしょうか。

川崎氏:お客様が安心してお取引いただくうえで、強固なシステム環境は必要不可欠です。 松井証券では、取引の基本となるシステム安定化のための投資を、積極的に行っています。また、システムメンテナンスを適宜行うことにより、安定したサイト環境を提供しています。 セキュリティ対策についても力を入れており、通信盗聴防止策、不正アクセス・不正利用への対策など、様々なセキュリティ対策を行っています。 松井証券は安定した経営体制を確保しておりますが、経営破綻等の万が一の場合に備えるため、分別管理を行っています。 分別管理とは、お客様からお預りした現金や有価証券を証券会社の資産とは厳格に区分して管理する制度です。 分別管理された資産は、証券会社が破綻した場合も、そのすべてがお客様に返還されます。

貸株サービスってなんだろう?

― 大切な資産を預けるにあたり、セキュリティや管理というのは心配になるところですよね。安心して預けることができるというのが担当者様から聞けて良かったです。 話を松井証券の特徴に戻しますが、特徴のなかにある『貸株サービス』とはどのようなものなのでしょうか。

川崎氏:こちらのニュースリリースでも情報を公開しましたが、以前は、貸株サービスを利用できるお客様を、信用取引口座未開設のお客様に限定していました。これを変更し、2019年12月21日(土)より、信用取引口座をお持ちのお客様も貸株サービスを利用できるようになりました。

そのため、松井証券では信用取引で担保にしている株式(代用有価証券)を貸株サービスで利用することができます。貸株対象銘柄であれば、松井証券に貸し付けることで、必ず貸株金利が受け取れます。 信用取引の担保にしている株式は、貸株サービスで貸し付け中でも原則80%で評価します。そのため貸し付けにより維持率が下がることはありません。 お持ちの株式を信用取引の担保にしながら、さらに、貸株サービスで貸株金利を受け取ることが可能です。

― 例えばですけど、私が株を持っていて、しばらく何も売買していないという時はこのサービスを利用すると金利をいただけるという認識でいいのでしょうか。

川崎氏:そうですね。 貸株に応じて、金利分を差し上げることになります。 ただ、一点注意があります。配当のタイミングや優待のタイミングについては名義が変わるという点です。 貸株をすると、配当のタイミング、優待のタイミングでその株がお客様の名義になっていないとそちらを受けていることができないというデメリットがあり、これには注意しなければいけません。 もちろんこれは自動で設定ができまして、その権利の確定のタイミングでは株をお客様にお戻しするという設定がございます。 そちらをしていただくことによりましてそこは防げるものになりますので、そういった点も安心していただきたいです。

画像元/https://www.matsui.co.jp/support/contact/consultation/

優待繋がりにはなりますが、弊社には『優待クロス注文』というものがあります。 株主優待を狙って優待銘柄を買付したら、権利落ち後に株価が下落してしまい、結果的に損をしてしまうこともないとは言えません。 こちらを防ぎ、お得に優待を得られる方法が、優待クロス注文という注文方法です。 優待クロス注文を使わずにつなぎ売りをしようとすると、3つの注文を出し、かつ発注時間も取引時間外に限定されるなど、比較的難易度の高い発注が必要となります。 優待クロス注文を活用すれば、いつでも、一度の操作で、優待クロスに必要な注文全てが発注できます。 優待に興味があるものの、株価下落による損失が怖いといった方には、オススメの注文機能となっています。

― つなぎ売りとは何でしょうか?初心者でも注文しやすいでしょうか?

つなぎ売り自体は、前述の通り過程が複雑なため、初心者向きとは言い難いです。 その点、優待クロス注文であれば、初心者の方でも簡単に実践いただけるかと思います。

画像元/https://www.matsui.co.jp/stock/cross-trade/

画像で見ると直感的にお判りいただけますが、この注文を手動でしようとすると、かなり複数の条件で、かつ注文もいくつもしなければなりません。これだと初心者の方にとってはハードルが高い注文方法になってしまいます。 それを優待クロス注文をご利用いただきますと一発で対応いただけます。 優待投資はしたいけれども、株の値下がりリスクが怖い、というような方にぴったりのサービスといえると思います。

― なるほど!株主優待は欲しいけれど、取引に自信がなかったり、値下がりしちゃった時に売っちゃうタイミングがつかめなかったりとか、そういった初心者にとってクロス注文は有効ということですね。

そうですね。 おっしゃる通りです。逆に優待銘柄をずっとお持ちいただいて、ずっと優待を受け取りたいという方には向かないサービスになります。

ロボアドバイザー(投資工房)は初心者でも利用はアリ?

― 投資、資産運用と聞いて始めてみたいけど、わからないという方から「ロボアドバイザー」というのはどうなの? と聞かれることがあるのですが、川崎さんとしては初心者であってもロボアドバイザーの利用はありだと考えますか?

川崎氏:もちろんアリです。 弊社のロボアドバイザーである投信工房は、投資の第一歩として自信を持ってお勧めしたいサービスとなっております。 資産形成の王道は「長期・分散・積立」の実践です。 こちらを実践することで、世界経済の成長に合わせて資産を増やすことができると考えます。 弊社のロボアドバイザーは、「長期、分散、積立」を簡単に実践できるよう開発したサービスとなっています。 世界中のプロの投資家に利用されている理論を元に、お客様に最適な投資プランを提案し、初めての方も簡単に資産運用ができるサービスです。

ロボアドバイザーのおすすめポイントは以下4点です。

@資産運用の要である「長期・積立・分散」をサポート
A誰でも簡単に資産運用を始められる
B0.14%(税込0.16%) の低コストのモデルポートフォリオを提案!
C自動リバランスやリバランス積立で、ほったらかしでも大丈夫!

また、新NISA開始に合わせて、新NISAの成長投資枠も利用することができます。 始め方としては簡単な8つの質問に答えていただくだけで、どのくらいの比率で投資をするのかがわかり、その比率をもとに指定した金額を口座より引き落とし、または入金をした金額で運用していきます。 お客様ご自身で銘柄を選ぶこともなければ、分散をどうしていけばいいのかと迷って時間を使うということがありません。 投信工房は100円から始められるので、毎月500円、3,000円、1万円など自分で決めた無理のない金額で続けていけるのも良いところです。 投資を始めたいものの、何から始めればよいかわからない方にはまず初めに検討頂きたいサービスとなっています。

― 決めた金額で資産を自動で運用してくれるというのは魅力的で、すぐに始めたくなりますね。でもデメリットも知っておかないといけないです。

川崎氏:デメリットとしては、資産を株や債券、コモディティ等に分散投資するため、株が一辺倒に強い相場では、株式投資よりもリターンが劣後しやすいということが言えるかと思います。ただ、大きな利益は狙いづらい反面、リスクを抑えた堅実な運用となっていますから、このことをご理解いただいてほしいです。

― 入金して10日後に大きく利益が出た!ということではなくて、長期で運用していくことに意味があるということですね。長期運用となれば新NISAの出番ということですが、新NISAは同時申込が可能でしょうか?

伴野氏:可能です。 成長投資枠で運用していける銘柄で構成していきますので、本当にお気軽に始められる、利用できるものとなっております。 ロボアドバイザーは自動リバランス機能がついていますので、最初に質問で答えたご自身のタイプに合わせて、運用バランスを自動で整えてくれますから安心できると思います。 また、運用を開始した後の手間みたいなものはほとんどかかってこないので、その辺も新NISAを併用して気長に運用していってほしいです。

― 伴野さん、長期運用って何年くらいと思っていたら良いでしょうか

伴野氏:相場感や選んだ名柄とかにもよりますし、許容度にもよると思いますけど、3年、5年、10年というように長いスパンを想定していただきたいです。 川崎が「大きな利益は狙いづらい反面、リスクを抑えた堅実な運用」と言っていた通り、大きな利益ではなく、リスクを抑えて生じた利益を少しずつ何年もかけて積み立てていくことが大切です。

川崎氏:今は円安の影響でプラスに出ていることもあります。それでも利益の確定がしているものではないことや直近にすごくショックが起きてしまったら、いくら分散をしているとはいえマイナスになることもあります。 ただ、そこで「もう売ろう」とやめないでほしいと思います。 安い値のところで買っていただくことを繰り返すことで全体が戻っていき、資産が増えていくことに繋がりますので。ショックが起きてしまって下がった値のものが回復していくということも考えられますから、すぐに決めずに状況を見たり、ロボアドバイザーの動きを見たりしてから決めてほしいです。

― ロボアドバイザーの投信工房は自動でリバランスも行ってくれ、運用後はほとんど手間がかからない良さがあり、短期ではなく長期運用をして利用していくことが大切なんですね。 急がず、将来の自分のために、家族のために資産を運用していきたいけど、知識がないという方には始めやすいと感じました。

ロボアドバイザーを使わない新NISAでは銘柄選びが必要

― ロボアドバイザーは銘柄も選んでくれて、運用していってくれるというのが良さですが、銘柄を自分で選んで新NISAを利用したい! と思ったときは、どうやって銘柄を選んだらよいでしょうか? ぜひアドバイスをください!

川崎氏:銘柄に悩んだときは銘柄人気ランキングを参考にしていただきたいです。 日本株を例にあげますと下記のようになります。

新NISA×日本株銘柄人気ランキング (外部サイトへ飛びます)

初心者の方へ向けた情報という意味では、銘柄名をクリックしたあとの一番下に表示されている、信用残が最も参考にしやすいかと思います。

画像元/https://finance.matsui.co.jp/stock/9432/index?_ga=2.151497021.544292322.1716278353-1847064607.168085000

信用売残は信用売りを行った後、まだ決済していない残高のことをいい、信用買残は信用買いを行った後、まだ決済していない残高のことをいいます。 信用取引は通常6か月以内に決済が必要なため、信用買残が多いと6か月以内の株価が上がりにくくなり、信用売残が多いと、6か月以内の株価が上昇しやすくなると考えることができます。 銘柄の特徴としましては、大型株で配当が高いものが多いという傾向があります。ぜひ参考にしてみてください。

― HPで10万円以下で購入できる株が1,000社以上というフレーズを見かけました。初めて株取引をする方には興味の持てるところだと思います。詳しく教えていただけますか?

川崎氏:4/24現在で日本株は1,882銘柄ございます。 弊社ツールであるマーケットラボにて、10万円以下で購入できる東証プライム上場の株について、時価総額が大きい順に並べてみました。ご存じの会社もかなり多いのではないでしょうか。 いずれも100株が単元です。

画像提供/松井証券

皆さんが身近に感じている企業様、親しみを持っている企業様が画像では並んでいますので、興味を持たれたら嬉しいと思います。

― みんなが知っている企業の株を10万円以下で買えるというのは、初めて株を行う方にはわくわくするところだと思います。しかも約1,800銘柄となると迷ってしまいますね。

川崎氏:正直、日本株を扱っている証券会社であれば同じものが並ぶことにはなりますが、弊社では無料の自社ツールで探すこともできますし、株を買ったりもできます。さらに手数料も無料です。

画像元/https://www.matsui.co.jp/stock/domestic/

― 川崎さん、日本株の特徴を教えてほしいです。

川崎氏:やはり日本の企業の話になりますので、初心者の方であっても、情報を知りやすいというところは当然あるかなと思っております。 また、外国の株と比べますと、身近なサービスを提供している企業が上場しているパターンがよくあり、そういったところの観点で銘柄探しを楽しんでもらえると思います。 身近なところから探していけるというのは、やっぱりハードルが低いというところが大きな特徴ではないでしょうか。 あとは米株や他の外国株あるいは外国に投資するようなものについては、為替が関係してくるところになります。 米国株を買って株価が変わらなくても、為替が円高に触れてしまったら損失を抱えてしまうというパターンはよくあると思っております。 ちょうど今は円安になっているので、これが円高に触れたらみたいなところも、皆さんは心のどこかで使えたりもすると思います。 米国株は私も投資してますし、好きなんですね。でも日本株についてはそういった為替リスクが基本的にはないので、こちらについても皆様、投資のしやすさというところはあるかなと思いますね。

― そうですね。身近に感じている企業名があったり、テレビやネットからでも情報を得やすかったりしますよね。そして、知っている企業の株ということで楽しみもあります。

川崎氏:今は投資信託や新NISAも浸透してきて、以前よりも証券というものに抵抗感がなく、親しみも増えてきたように感じています。 弊社のお客様の取引を見ておりましても、外資系のところに注目を集めるところが多いですけど、やはり日本株を取引される方がかなり多いです。 最近で口座開設をしたお客様についても日本株というのは取引を受けた方が当社の場合は非常に多く、それこそ優待ですとか、IPO、配当で持つみたいなところから始めているイメージもありますね。

IPO(新規上場株式)に興味があるなら松井証券がおすすめ

― IPOは初心者でも手が出しやすいでしょうか?

川崎氏:弊社はIPOに注力しており、IPOに興味のある初心者の方にはお勧めできる証券会社だと考えています。

ポイント@:IPOについて、弊社は申込の際の事前入金が不要
IPO当選後に、必要な資金を入金すれば良いので、口座残高なしで気軽に抽選に参加することができます。
なかには、申込時や抽選前に入金が必要な証券会社様もございますが、弊社では当選後の入金となっています。 このあたりもユーザー様にとって松井証券を利用するメリットがあると考えます。

ポイントA:IPO引受件数が2023年度は業界第二位
多くの証券会社がIPOを取り扱っていますが、そのなかでも松井証券は業界二位の取扱い数となっています。 そのほかにも、配分予定数量の70%以上が完全平等抽選であることや、NISA口座、未成年口座でも抽選申込が可能となっているのも特徴と言えます。

― お話を聞いているだけでドキドキしてきます。IPOを始めたい方は松井証券の強みを活かしてもらいたいですね!

松井証券のポイントサービスについて

― 松井証券にはポイントサービスがあると聞いています。ポイントはどのように貯まり、そして使えるのか教えてください。

川崎氏:松井証券ポイントは、PayPayポイントやdポイント、Amazonギフトカード、3,000種類以上の商品との交換、投資信託の積立にも使える松井証券のオリジナルポイントです。 最大1%貯まる投信残高ポイントサービスや、各種キャンペーン、MATSUI Bankデビットを利用するとオトクに貯めることができます。

<貯める方法>
投資信託を保有されているお客様に還元しているのがひとつめです。

ふたつめは松井証券のお客様限定となる銀行サービス「MATSUI Bank」の「スマホデビット(Mastercard)」を利用してポイントを貯めることができます。 スマホデビット(Mastercard)は、アプリから発行されたデビットカードの番号を使って、預金残高から実店舗、オンラインで支払いができます。 デビット機能付きのクレジットカードもありますので、ぜひご利用ください。 クレジットカードは年会費1,375円(税込)ですが、初年度無料で翌年度以降も前年度1回以上の利用があれば無料となっていますから、実質年会費無料で使うことができます。 そのほかにもキャンペーンでポイント還元やプレゼントがあります。

<使う方法>
投資信託の積立や、PayPayポイント・dポイント・Amazonギフトカード・3,000種類以上の商品との交換が可能です。 1ポイントを1円として、投信積立にも利用できるほか、様々なポイント交換先を用意していることが、松井証券の特徴です。

画像元/https://www.matsui.co.jp/service/point/manage/

ポイント投資では3つの銘柄から選ぶことができます。自分のスタイルに合ったものや興味のあるもので始めていただきたいです。

松井証券は少額からお得に投資を始めたいひとに向いている

― 松井証券はどのような方におすすめできる証券口座でしょうか?

川崎氏:松井証券は、新NISAの手数料無料化、投信残高ポイントサービス、ロボアドバイザーなどが揃い、初心者の方でも少額からオトクに、安心して投資を始めることができる環境が整っています。
また、松井証券の一日信用取引では、デイトレのコストが完全無料のほか、PC、スマホアプリ等のツールにおいて四季報が無料で確認できるなど、上級者の方にもご満足いただけるサービスの開発、提供に努めています。 幅広い投資家の皆様にオススメできるネット証券であると考えています。

また、投資情報などを学びながら、投資のスキルを高めたいというお客様には当社のYouTubeチャンネルがおススメです。公式YouTubeの会員登録者は30万人を突破するなど、大人気のチャンネルとなっています。

松井証券_MatsuiSecurities (外部サイトへ飛びます)

『資産運用!学べるラブリー』シリーズが大変好評で、総再生回数は3,000万回を超えています。 投資を始めたばかりの方、これから始めようという方に、楽しく資産運用を学んでもらえるよう、M-1グランプリ2020王者のマヂカルラブリーさん出演の動画セミナー「資産運用!学べるラブリー」を2020年7月より公開しています。
これまでシーズン1〜11とスピンオフ企画を合わせて70本以上の動画を公開し、投資の基礎知識をはじめ、総利益100億円を超える株式投資家テスタさんからの投資のリアルな話など、様々な角度から投資の面白さを伝えています。

― 20代といった若い世代の方々も動画からなら始めやすそうですね。

川崎氏:ありがとうございます。 20代のうちに投資を始めたいと考えている方には以下のメリットがあると思っています。

@新NISA手数料無料、投信残高ポイントサービスの存在
これからの若い世代の皆様は、投資信託の積立を通じて資産形成をしていこうという方が多いと思います。 つまり、投資信託とお付き合いする時間は、数十年といった長い時間になる可能性があります。 長い付き合いになるからこそ、コストについては注意深く気にする必要があります。 業界最高の還元率のサービスを提供していますので、コストを気にしながらオトクに長期で投資信託で資産形成するなら松井証券がぴったりといえます。

A投資情報の提供について
前述の内容と重なりますが、YouTubeコンテンツを通じ、最新の投資情報を動画で提供していることが、松井証券の強みといえます。

若い世代の方は、これから投資の知識を深めたいという方も多いと思います。松井証券で投資を学んでいただくことで、投資の面白さを実感頂きながら、資産形成できることが、松井証券の魅力だと思います。

伴野氏:米国株の担当として、これから米国株の取引や投資信託を考えている方にお伝えしたいのは、松井証券はサービス含めて電話の窓口だったり、YouTubeだったりといったところで情報提供とかアクティブにチャレンジしたいという方にとってはいろいろ相談しやすい環境が整っているので安心して、信頼してほしいということです。 前向きにいろいろな取引を考えている方、初心者の方、もうガンガンやってるぜって方でもおすすめできる証券口座だと思っています。

担当の川崎氏からインタビューを読んでくれたみなさまへ

― 最後に、本インタビューを読んでくださったみなさまへ一言いただけないでしょうか?

川崎氏:投資熱がかなり高まっている中で、このプロモーションページを見てらっしゃる方は、どの証券会社にしようかと深くまで研究されている方だと思います。 そういった意味ですごく研究熱心な方なんだろうというふうに皆さまのことを思っています。投資について深く学んでいただくというところについて、弊社ではハードルを下げ、皆さまに段階を踏んでいただきやすいような環境を整えています。研究熱心な皆さまにとって、松井証券は非常にマッチするのではないかと思っておりますので、ぜひご利用くださいませ。

― 川崎さん、伴野さん、本日はありがとうございました!

少額からお得に投資を始めたい方に松井証券はおすすめ

sample

マーケティング部 日本株担当 川崎大地様
マーケティング部 投信・米国株担当 伴野真大様

 松井証券の相談窓口は、専門スタッフが揃いさまざまな相談に乗ってくれるとのことから、初心者からはじまり、取引を覚えた中級者、アクティブに挑戦する上級者となってもレベル問わず利用できるのが嬉しいところです。

 1日50万円まで取引手数料が無料、25歳以下であれば約定代金にかかわらず手数料が無料というのも始めやすい特徴ではなないでしょうか。

 株取引はもちろん、これから資産運用として新NISAを利用した投資信託を考えている方にもおすすめできる証券口座でした。

インタビューを終えて

 松井証券を選んだ方の多くが最初に日本株の取引を選んでいると聞き、「日本株取引には松井証券」といったように信頼が寄せられているんだなと感じました。相談窓口、YouTube配信と「投資をまじめに、おもしろく。お客様の豊かな人生をサポートする証券会社」というフレーズ通りの証券会社だと思わされたインタビューでした。ありがとうございました!

目的別で証券会社を選ぶ

証券会社一覧

当サイト 編集責任者

志田 愛仁 (しだ あいに)

志田愛仁

株の仕組みや基本的な知識、そして取引に使う口座の選び方など、悩んでいる方が選びやすくなるような情報をお伝えしていきます。

紹介ページはこちら

ページの先頭へ