楽天証券で取引をするメリットは何なのか。 初めて株取引をする方にとっては重要なポイントです。 そこで楽天証券株式会社に伺い、楽天証券の魅力についてご担当者に直接聞いてみました。

楽天証券の特長は大手グループ企業ならではの連携サービスと、使い勝手抜群の取引ツール

― 初めに、楽天証券の特長について教えてください。

山崎氏:楽天証券には大まかに、3つの特長があります。 まず1つ目は楽天スーパーポイントや楽天カードで知られている『楽天グループの証券会社』ということです。 みなさん楽天と聞けば、幅広いサービスを展開しているというイメージを持ってくださっているのではないかと思います。楽天証券でも、楽天スーパーポイントで投資できるポイント投資を筆頭に、楽天銀行や楽天カードとのお得な連携サービスといった、楽天グループでしか実現できないサービスをご利用いただけるメリットがあるんです。

そして2つ目が、取扱商品の手数料です。ネット証券は基本的に対面より手数料が安いということでご利用している方も多いと思いますが、楽天証券はネット証券の中でも業界最安水準の手数料を提供しております。これから取引を始める方にとっても、手数料の安さは外せないポイントになってくると思っています。

最後に3つ目はPCからスマートフォンまで使える取引ツールが充実していることが挙げられます。 特に昨年、操作性と情報量にこだわったマーケットスピード2という取引ツールをリリースしました。マーケットスピード2は初心者から直感的に使える操作性ですが、さらに「アルゴ注文」という事前に登録した条件に合致したときに自動で発注ができる、高度な注文方法を規で搭載しています。「アルゴ注文」は5つの注文ラインナップを揃えており、特に多忙なデイトレーダーの方には重宝していただける機能になっていると思います。

画像元https://marketspeed.jp/ms2/function/algo/


― どんどん進化していきますね。

土井氏:弊社はより良いトレーディングツールをお客様に提供することに注力しており、投資家の方々に直接お話を聞きながら、どんな機能が必要なのか、追加をした方が良いのかを検討しながらツールの機能として実現させているので、常に進化しています。

これからも弊社側の目線というより、実際に操作している投資家みなさんの声を大切にして、より使いやすく、分かりやすくなるように機能を反映させていきたいと思っています。お客様の声をできるだけ早く導入できる体制が整っているのも弊社ならではの強みだと感じています。

さらに、2019年6月24日より、このマーケットスピード2が条件なしで無料利用できるようになりました。それ以前は「利用申請から3ヶ月まで」「信用口座開設」などの条件をなんらか満たしていないと無料利用できませんでしたが、他社と比較しても、条件なしで無料利用できるのは大きな強みです。

ツールを使ってみたい方は、口座開設するだけで期間を気にすることなく、気軽に利用をすることができるので、是非試して頂きたいです。

楽天スーパーポイントで投資!?登場後に大人気となったポイント投資について

山崎氏:また昨年、ポイント投資というサービスをリリースしました。楽天スーパーポイントを使って投資ができるというかなり画期的なサービスです。投資が初めての方で、楽天スーパーポイントが貯まっている方は、まず楽天スーパーポイントで投資を始めてみるのも良い方法だと思っています。 実際に導入以来、たくさんの投資初心者の方にポイント投資をきっかけに口座開設していただいています。

― お金を使わずにポイントで投資ができるなんて驚きです! 詳しく教えてください。

山崎氏:ポイント投資で投資できる商品は投資信託だけの取扱いでしたが、今年の10月から国内株式の現物注文にも対応を開始しました。投資信託へのポイント投資の場合には、 注文方法は通常注文と積立注文の2つを選択でき、楽天証券が取り扱う投資信託全商品から選べます。 初めて投資信託を始められる方には、コストが安く長期資産形成に適している商品を厳選した『ファンド7(セブン)』といったコンテンツも用意していますのでご参考にしていただけます。

画像元https://www.rakuten-sec.co.jp/web/lp/point_investment/02_member/

土井氏:『ファンド7』の中では、特に初めての方向けの基本2本として、『楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型)』とバランスを重視しながらも積極的に運用してくれる『楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)』があります。


画像元https://www.rakuten-sec.co.jp/web/lp/point_investment/02_member/

投資信託に少し慣れてきて、もう少し踏み込んでいきたいという方は、専門家が相場の波を見て柔軟に運用する『eMAXISバランス(波乗り型)』、保守的に運用してくれる『ニッセイ国内債券インデックス』、少しの攻めと多くの守りが特徴の『たわらノーロード 先進国債券』、攻め投資『ニッセイTOPIXインデックスファンド』、世界の株式に分散投資できる『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』の上記の5本も用意しています。

― 投資信託のポイント投資では、楽天証券取扱ファンド全てに投資できるので、初心者の方から投資経験が長い方まで、全ての方が満足できますね。

山崎氏:そうですね。楽天スーパーポイントは1ポイントでも100ポイントでもご利用いただけます。楽天証券の取扱投資信託は、ほとんどが100円から1円単位で投資可能なため、100ポイントあればポイントだけでも投資ができます。ポイント投資は5ステップで注文まで完結するのでストレスもありません。



画像元https://www.rakuten-sec.co.jp/web/lp/point_investment/02_member/

余っているポイントや、大きなお買いもので貯まったポイントだけで投資を始めることができるので、ポイント投資は、特に投資デビューに向いているサービスだと思います。100ポイントあるけれど、どこで使おう… なんて思っているのなら是非運用してみてほしいですね。

― 資産運用を始めようと思ったとき、まずは資金を用意して口座を用意しなければいけないですよね。しかし楽天スーパーポイントがあれば、現金を用意しなくても楽天証券の口座開設のみでポイント投資ができる、つまり懐を傷めずに投資ができるということですよね。それはすごいです。

土井氏:ただ楽天スーパーポイントは貯まりやすく、使いやすいというのが魅力のポイントプログラムですが、たくさんポイントを持っているからポイント投資に使おう! と考えている方に注意点もあります。 ポイント投資には 楽天市場等で受け取れる「期間限定ポイント」は使用できません。また、会員のランクによって注文ができる上限が決まっており、ダイヤモンド会員の方で通常注文時1注文あたり50万ポイントまで、ダイヤモンド会員以外の方で通常注文時1注文あたり3万ポイントまでとなっています。ただ、例えば3万ポイント貯めるには付与率1%の場合300万円の利用が必要で、この上限にかかるのはまれだと思います。

画像元https://www.rakuten-sec.co.jp/web/lp/point_investment/02_member/

あくまで楽天市場、楽天カード、楽天銀行など楽天グループで付与された楽天スーパーポイントでの投資ですのでご理解いただけたらと思います。

― ポイント投資をする際は、疑問にならないように注意点も確認しておくのが大切ですね。先ほど投資までのステップは5つと聞きましたが、楽天証券の口座開設は簡単なのでしょうか。

山崎氏:口座開設はWEB上で最短5分で簡単に申込していただけます。特に、楽天市場をご利用していらっしゃる方であれば、楽天会員登録を既にされていますので、既存の楽天会員情報が画面に自動で入力され、少ない入力で簡単に口座開設ができます。また、申込画面で選択いただけば、投資によって出た利益を非課税にできる「つみたてNISA」もしくは「NISA」等の追加サービスを同時開設することもできます。

・つみたてNISAは 国が定めた低コスト・長期資産形成に適した投資信託を積立方式で購入し、運用で得た利益が年間の利用上限40万円として最大20年間非課税になります。また、買付手数料は全商品無料です。ただし、株式、つみたてNISA指定外の投資信託などは対象となりません。

・NISAは 株式・投資信託等から得られた利益が年間利用上限120万円として最大5年間非課税となります。

投資初心者の方で長期の少額投資をしたい方には「つみたてNISA」、株式のトレーダーの方や年間投資額が40万円を超えるかもしれない方には「NISA」がおすすめです。

― 申し込むときに入力項目が少ないというのは良い点ですね。ネット申込みは意外に入力項目が多くて、こんなに入力するなら面倒だしやめようと途中で画面をしまってしまう方も多い気がしていますので。

そうですよね。楽天会員であれば登録されているお名前、ご住所の情報が引き継がれ、入力項目内容も誰でも分かるように工夫されているので、他社よりも簡単に開設していただけると思います。

楽天グループならではの強みを活かした楽天証券

― ポイント投資や楽天会員情報での口座開設のお話をお伺いすると、やはり楽天グループのサービスをいずれか一つでも使っていて、楽天スーパーポイントを貯めている方には、楽天証券は使いやすいですよね。

山崎氏:ポイント投資だけでなく、楽天銀行や楽天カードなど、ほかの金融系サービスとの連携もしていただくと、楽天証券をよりお得に利用頂けます。

例えば「楽天カードクレジット決済」という投信積立の決済が楽天カードでできるサービスを利用いただくと、カードで決済できるだけでなく、特典として投信買付金額100円につき1ポイントが付与されます。

決済額の1%がポイントバックされるので、毎月その1%分は、ある意味確実にプラスということになります。投資で確実に決済額の1%分のポイントが手元に入ってくるということは、例を見ないサービスですので、全国民の皆様に知っていただきたいですね。


画像元https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fund/saving/creditcard.html

ネット通販や日用品のお買い物であればポイント付与は当たり前の感じがしますが、お買い物ではなく金融商品の購入で、更にポイントが付与されるというところに注目していただきたいです。

金融商品を購入することに対して、ポイントが付与されるのは、実は画期的なことです。お金がお金を生むお得なサービスということをお客様に知って頂けたらと思います。ポイント付与額については上限を設けていますが、経済的に見ると非常に業界を揺るがしたサービスだと思っています。ぜひご利用いただいて、実感いただきたいですね。

土井氏:また楽天カードクレジット決済による投信積立は、楽天証券の口座と楽天カードがあれば手続きに時間がかかりません。また楽天証券のHPには楽天カードクレジット決済の積立設定方法や既存積立設定の解除方法、投信積立をご利用中の方に向けた楽天カードクレジット決済への変更方法などを動画でご用意しておりますのでご確認いただけたらと思います。

画像元/https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fund/saving/creditcard.html

山崎氏:お話させていただいたポイント投資や楽天カードクレジット決済による投信積立以外にも、楽天証券ではNISA、FXなどさまざまな商品を取り扱っています。 画像元https://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/rakuten_g/start/?l-id=header-nav_charm

完全な初心者の方であっても、デイトレーダーの方でもご自分の希望やスタイルに合わせてバランスよく使っていけると思いますので、是非まずは楽天証券の口座を申込いただきたいです。 また申込の際に楽天証券口座と楽天銀行の口座を連携させ、お得な6つのサービスと機能が使えるマネーブリッジに登録するのもおすすめです。マネーブリッジに登録すれば 楽天証券のお取引に応じた楽天スーパーポイント付与、楽天銀行の普通預金金利の優遇、らくらく入出金といったサービスを受けることができます。特に優遇金利については、マネーブリッジに登録しておけばアクティブに取引していない場合でも、楽天銀行で普通預金の優遇金利0.10%の特典が受けられるのでかなりお得だと考えています。


画像元https://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/rakuten_g/start/charm_moneybridge.html?l-id=rakuten_g_start_index_merit-area_charm_moneybridge


またマネーブリッジにはスイープという機能もあります。通常、証券会社で商品を買うときには、毎回銀行から振込手続きを行い、銀行で入用なときは証券から銀行に出金する手続きが必要です。しかしスイープ機能を使えば、楽天銀行にお金を入れておけば楽天証券に入金手続きすることなく買付ができ、証券口座内の余剰資金も自動で楽天銀行に戻すことができます。

担当者だからこそ知る おすすめの注文方法

山崎氏:実はあまり言いたくはないのですが… 初心者の方にもできるかなりお得な注文方法がありまして。

― え? 何ですか!? 教えてください!

山崎氏:つみたてNISAとカード決済というお得なサービスを両方活用できる投資信託の注文方法です…  具体的な注文方法は、つみたてNISA口座で毎月500円以上の投信積立を設定し、楽天スーパーポイントコースでポイント利用設定をして、注文の際に1ポイント以上を使用する設定にします。さらに引き落としは楽天カードクレジット決済を選択し、カード利用代金の引き落としを楽天銀行に設定します。

この買付方法であれば、まずつみたてNISA口座での買付なので利益は非課税となり、カード決済の特典により投資信託の買付代金の1%がポイントも付与されます。

― つまり楽天カード決済で500円積み立てれば100円=1Pとして5Pが付与されるということですか?

土井氏:カード決済の特典分としてはそうですよね。さらに、上の注文方法ですとSPUという楽天グループのポイント倍率が上がる特典も受けられます。
SPUとは各グループで一定の条件をクリアすると楽天市場でのお買い物ポイントがアップするサービスで、楽天証券での条件としては、ポイントを1ポイント以上利用した月1回500円以上の投資信託の買付、ポイントコースを「楽天スーパーポイントコース」に設定することの2つです。この条件を達成すると翌月の楽天市場のお買い物のポイントが+1倍になります。 なので、先ほどの注文方法を設定していれば、つみたてNISAとカード決済のメリットの他に、毎月の楽天市場でのお買い物に対するポイントが自動で+1倍にもなります。さらに、楽天カードの利用で、楽天カードとしてのSPU条件も達成となるためさらに+2倍となり、楽天カード利用代金の引き落としを楽天銀行にすると楽天銀行側のSPU条件も達成されさらに+1倍となるんです。 なので楽天証券、楽天カード、楽天銀行併せてポイント+4倍分のSPU条件を上記の注文1回で達成できるんです。

― 投資をしながら楽天スーパーポイントを貯めるチャンスがあるんですね!

土井氏:日々のお買い物を始め、本や洋服、小物にミネラルウォーターなどをすべて楽天市場で済ませている方とか、月に何十万円を楽天市場で利用する方ですと、+4倍となれば月10万円で1,000Pから5,000Pになるわけですからかなりお得ですよね。さらに今の積立額も500円といわず、上限の5万円までしていただければ、カード決済の特典も含めよりポイントがもらえるので、ぜひ最大限活用して頂きたいです。



楽天グループは、基本的に楽天グループのサービスを使えば使うほどお得になるような設計を目指しております。いろんなサービスを同時に使っていただけるほど、お得に使っていただけるんです。

楽天市場、楽天カード、楽天銀行などどれかひとつでも楽天グループを利用しているなら選ぶべき証券会社

大手ならではの信頼感に低コスト、投資家の意見を聞きながら開発をしていく使いやすい取引ツールと特長に挙げた3つだけでも安定感が感じられる楽天証券。

ポイント投資は投資に興味はあっても踏み込めなかった方がチャレンジするきっかけになった商品で、導入以降から人気商品となっている。楽天スーパーポイントは身近にあり、貯めやすく使いやすいポイントプログラムなので少しでも余っているなら運用に回してみるのもおすすめ。

sample

楽天証券株式会社 マーケティング本部
マーケティング推進部 AFP土井 理輝氏

ご担当者からひとこと

楽天グループのひとつである楽天証券ですが、楽天市場や楽天銀行を紐づけることで楽天ポイントのアップ、金利の優遇などご利用者様にとってプラスになる特典がありますので、ぜひ楽天証券を使っていただきたいです。良さがきっとわかるはずです。

sample

楽天証券株式会社 マーケティング本部
マーケティング推進部山崎 洋人氏

ご担当者からひとこと

ポイント投資は楽天スーパーポイントが1ポイントでも15ポイントでも端数があったなら、ぜひ運用していただきたいです。ポイントによる投資はまだ多くはありませんから、投資のきっかけに楽天スーパーポイントを使ってみてください。

インタビューを終えて

土井さんも山崎さんも楽天グループのサービスは使うほど還元や優遇が得られるので、本当に全国民の方々に利用してほしいという気持ちを間近で感じることができました。お時間をいただきましてありがとうございました。